« 2012/05/22 | トップページ | 2012/05/24 »

2012/05/23

2012/05/23

Live!!! TOJ3ステージ

01
[日本人選手としては2番手となるステージ10位でゴールした初山選手と強さをみせた飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

第3ステージ 148km (長野県飯田市)
1位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO 3h58m37s 37.2km/h
2位 BALIANI Fortunato チームNIPPO st
3位 LEBAS Thomas ブリヂストン +1m19s
4位 DABROWSKI Jaroslaw アモーレエヴィータ +1m19s
5位 WURF Cameron チャンピオンシステム +1m54s
6位 鈴木譲 シマノレーシング +1m54s
7位 WIESIAK Mariusz マトリックス +3m53s
8位 WONG Kam Po 香港チーム +3m53s
9位 EARLE Nathan ジェネシス +3m53s
10位 初山翔 宇都宮ブリッツェン +3m53s
30位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +8m18s
31位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン +8m18s
44位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン +14m09s
47位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン +14m09s
65位 中村誠 宇都宮ブリッツェン +14m09s

個人総合時間第3ステージ終了時
1位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO 7h51m24s
2位 BALIANI Fortunato チームNIPPO +1s
3位 LEBAS Thomas ブリヂストン +1m31s
4位 DABROWSKI Jaroslaw アモーレエヴィータ +1m38s
5位 WURF Cameron チャンピオンシステム +1m53s
6位 鈴木譲 シマノレーシング +2m07s
7位 西谷泰治 愛三工業レーシング +3m53s
8位 WIESIAK Mariusz マトリックス +3m55s
9位 EARLE Nathan ジェネシス +3m56s
10位 佐野淳哉 チームNIPPO +4m03s
11位 初山翔 宇都宮ブリッツェン +4m06s
24位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン +8m28s
32位 普久原奨 宇都宮ブリッツェン +8m51s
50位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン +14m25s
55位 中村誠 宇都宮ブリッツェン +14m35s
66位 廣瀬佳正 宇都宮ブリッツェン +16m56s

個人総合ポイント第3ステージ終了時
1位 RICHEZE Maximiliano Ariel チームNIPPO 30p
2位 WIESIAK Mariusz マトリックス 29p
3位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO 25p
15位 中村誠 宇都宮ブリッツェン 10p

個人総合山岳第3ステージ終了時
1位 畑中勇介 シマノレーシング 12p
2位 ARREDONDO MORENO Julian David チームNIPPO 9p
3位 BALIANI Fortunato チームNIPPO 6p
4位 中村誠 宇都宮ブリッツェン 6p

団体総合時間第3ステージ終了時
1位 チームNIPPO 23h38m17s
2位 アモーレエヴィータ +10m00s
3位 ブリヂストン +11m04s
4位 チャンピオンシステム +11m14s
5位 ジェネシス +16m36s
6位 宇都宮ブリッツェン +17m00s

UCI2.2のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の第3ステージが登坂力とパワーを要求される長野県飯田市のジェットコースターの様な公道周回コースで開催され、終始余裕を持ってレースをコントロールしたチームNIPPOのモレノとバリアーニがラスト20kmほどから13名の先頭集団内で攻撃を開始し、最後の登り区間で全てのライバルを排除して、最終的に3位以降の選手に1分以上の大差をつける圧倒的な強さをみせつけてワンツーフィニッシュを決めました。

この結果、ステージ優勝を飾ったモレノ(チームNIPPO)が総合でも首位に立ち、1秒差の2位につけるチームメイトのバリアーニと共にチームNIPPO勢がかなり有利な展開を手に入れています。

宇都宮ブリッツェン勢は、本日のレースも昨日に引き続いて増田選手がタイムを失わないように走ることをベースコンセプトとしてレースに挑みました。

例年、総合を狙う選手はレース後半に動き出すことが多い南信州ステージですが、今年は序盤から有力選手が登り区間でペースを上げるなど、いつもに比べて厳し目の展開でレースは進んいでいきます。

そして、レース序盤からいくつもの集団が形成される不安定な状態が続き、レースが丁度半分を終えた時点で34名の先頭集団が形成されました。

宇都宮ブリッツェンは、このなかに、増田、初山、飯野の3選手が残りまずまずの流れを手に入れますが、先頭集団の不安定な状況は変わることなく、常にアタックがかかる展開が続いていきます。

いくつかのアタックが組み合わさり、残り60kmを残して13名の先頭集団が新たに形成されました。

ワーフ(チャンピオンシステム)
ダブロフスキ / ルクセヴィクス(アモーレエビータ)
アール(ジェネシス)
ワン(香港ナショナル)
西谷(愛三工業レーシング)
ルバ(ブリヂストン)
ヴィズィアック(マトリックス)
鈴木譲(シマノレーシング)
モレノ / バリアーニ / 佐野(チームNIPPO)
初山(宇都宮ブリッツェン)

宇都宮ブリッツェンとしては、初山選手がしっかりと対応して後手にまわる展開は回避しましたが、チームNIPPO勢が総合のエース2名を送り込み、更に他チームのエース級が多く含まれたことで、この13名はそれまでの様に牽制することなく協調体制を築いて進みはじめます。

一方、後ろの20名ほどのセカンドグループに取り残された増田選手は、飯野選手の献身的なサポートなどを受けながら登りで区間で先頭集団に上がる動きをみせますが、抑えたい意識を持つ選手が多く含まれている追走グループのペースは上がることなく、残念ながら次第にグルペットのような空気に飲まれていき、総合時間争いのチャンスを失っていきました。

結局、警戒していた展開にはまり込んでしまった増田選手は、先頭から8分以上遅れてゴール。総合上位を狙う目標は事実上消滅してしまいます。

それでも、若い初山選手が内外のトップ選手たちと互角に渡り合い、最後は若干遅れてしまったものの日本人選手としては2番手となるステージ10位でゴール。

個人総合時間でも11位にジャンプアップし、増田選手から総合を狙う役割をバトンタッチする流れとなっています。

栗村監督コメント
「やはりレースは難しいですね。本日のレースでも優勝を飾ったNIPPOの外国人選手たちは非常に高い実力を持っていました。ですので、基本的には力負けであったわけですが、増田選手のゴール順位は彼のフィジカルの強さを率直に表した数字ではないだけに、やはり悔しさも残ります。しかし、レース結果が現状でのチームの力を示しているのもまた事実ですので、今回の経験を生かしてまた次のレースに前向きに挑んでいきたいと思います。一方で、若い初山選手と飯野選手が本日のレースで強さをみせてくれました。初山選手はリザルト上でもしっかりと可能性を残し、飯野選手はリザルト上では遅れてしまったものの、プロトン内の選手たちに彼の存在を印象づける力強さをみせていたようです。まだ、我々にはいくつかの可能性が残されていますので、貪欲に残りのステージも戦っていきたいと思います。」

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
現在、チームカーの給油中。
選手たちはホテルに戻りマッサージを開始しています。
本日のステージで増田選手の総合上位狙いはほぼ消滅しましたが、代わりに初山選手が日本人では2番目となる10位前後でゴールしています。
今後は目標を修正して引き続き全力でレースに挑みたいと思います。
本日のレース詳細はまた後ほど。

|

Live!!! TOJ3ステージ

初山選手は7位争いのグループでゴール。
増田選手はレースリーダーを含む第6集団でゴール。
本日のレースはこれまでで最も速いペースで進んだ模様。

|

Live!!! TOJ3ステージ

結果速報
1位 バリアー二(ニッポ)
2位 モレノ(ニッポ)
3位 ルバ(ブリヂストン)

ニッポの2名がワンツーフィニィッシュを決めた。
日本人最上位は鈴木譲選手(シマノ)。

|

Live!!! TOJ3ステージ

最後の登りを終えて先頭はニッポの2名、モレノとバリアー二。
ニッポ勢のワンツーフィニィッシュはほぼ濃厚となってきた。

その後ろにダブロフスキ(アモーレエビータ)とルバ(ブリヂストン)。

更に遅れてワーフ(チャンピオンシステム)と鈴木譲(シマノ)。

そして初山選手を含んだ7名が続いている。

|

Live!!! TOJ3ステージ

145/155
ラストラップ

先頭は4名
ダブロフスキ(アモーレエビータ)
ルバ(ブリヂストン)
モレノ(ニッポ)
バリアー二(ニッポ)

追走2名は40秒差
ワーフ(チャンピオンシステム)
鈴木譲(シマノ)

第2追走は1分40秒差
佐野選手(ニッポ)、西谷選手(アイサン)、初山選手(宇都宮ブリッツェン)を含む7名が続く。

その後ろはかなり開いた。

|

Live!!! TOJ3ステージ

120/155
レースリーダーのリケーゼ(ニッポ)は第2グループにいる模様。
状況としてはバリアー二を含む3名を先頭集団に送り込んだニッポが有利な展開。
先頭集団のメンバーを見る限りスピード系の選手が多いので登りではない区間で決まったか?
どちらにしても宇都宮ブリッツェンは初山選手が先頭集団にに入っているものの増田選手が2分差の第2グループに残ってしまっているので状況は良くない。

|

Live!!! TOJ3ステージ

110/155
先頭集団はレースリーダーを含む13名。
宇都宮ブリッツェンはここに初山選手が入っている。
増田選手と飯野選手を含む第2グループが約1分の差で続いている模様。

|

Live!!! TOJ3ステージ

95/160
再びレースがシャッフルされている模様。
初山選手が10名ほどの先頭集団に入っている。

|

Live!!! TOJ3ステージ

82/155
現在、先頭は単独でルクセヴィクス(アモーレエビータ)。
1分差で、増田、初山、飯野の3選手を含む32名のメイングループ。
更にメインから2分遅れて第2グループ(廣瀬、普久原、中村選手含む)が続いている。

|

Live!!! TOJ3ステージ

80/155
実力のある選手たちによる動きで形成された先頭集団であるためレースはこのまま進みそう。
メイン集団との差は既に2分を超えている。

|

Live!!! TOJ3ステージ

70/155
一連の動きでブロトンは最形成され先頭集団は34名となる。
宇都宮ブリッツェンは、この中に増田、初山、飯野の3選手が入っている模様。

|

Live!!! TOJ3ステージ

60/155
追走の6名
ルクセヴィクス(アモーレエビータ)
パトリック(ジェネシス)
安原(マトリックス)
ソノリー(ブリヂストン)
入部(シマノ)
リケーゼ(ニッポ) レースリーダー

追走集団にレースリーダーのリケーゼが入り、その後ろにも第3追走、第4追走が形成されている模様で予想外にレースが動いています。

|

Live!!! TOJ3ステージ

50/155
メイン集団から6名の追走が飛び出した模様。

|

Live!!! TOJ3ステージ

45/155
先頭の2名とメイン集団との差は2分。
メイン集団をコントロールしているのは恐らくリーダーチームのニッポで2名を泳がせている状態。
レースは終盤近くまでこのまま進む可能性が高いか?

|

Live!!! TOJ3ステージ

最初の山岳ポイントは、クラーク(チャンピオンシステム)、ヤン(香港ナショナル)、畑中(シマノ)の順で通過。

|

Live!!! TOJ3ステージ

35/155
チャンピオンシステムと香港ナショナルの2名が飛び出しその逃げが容認された模様。
メイン集団はスローダウンしてタイム差は1分。

先頭の2名
クラーク(チャンピオンシステム) 総合2位 +2秒
ヤン(香港ナショナル) 総合26位 +19秒

|

Live!!! TOJ3ステージ

26/160
登りではチャンピオンシステムがペースを作っているようでその為か例年よりも序盤から遅れだす選手の数が多い。

|

Live!!! TOJ3ステージ

22/155
メイン集団はまだ一つのまま。
ただし早くも遅れだす選手がでている。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
6/155
まもなく正式スタートとなります。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
まもなくスタートします。
パレード区間は約7km。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
片山右京さんと園児たち。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
スタート地点となる飯田駅前に人が集まりはじめてきました。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
増田選手がインタビューを受けています。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
スタート地点に到着しました。
スタート前に少女時代のPVをスマホで観てテンションを上げている廣瀬キャプテンを若手二人がクールな眼差して見守っています。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
目黒マッサーがスタートオイルを塗り込んでいます。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
針谷メカが整備したバイクが並べられています。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
チームカーの準備はほぼ終了しました。
本日のスタート地点はホテルから5分ほどの飯田駅なので楽です。

|

Live!!! TOJ3ステージ

Live!!! TOJ3ステージ
おはようございます。
本日も良い天気です。

|

Live!!! TOJ3ステージ

第3ステージ(南信州ステージ)
8:45 スタート(飯田駅前)
148km(パレード7.3km+12.2kmx12laps+1.6km)

|

« 2012/05/22 | トップページ | 2012/05/24 »