« 2012/02/19 | トップページ | 2012/03/17 »

2012/03/11

2012/03/11

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Img_0962
[前半から果敢に飛び出す普久原選手と飯野選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1028_2
[今回のレース中で最も大きな逃げに入る廣瀬選手と中村選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1043
[何度も何度も攻撃を仕掛ける初山選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1071
[ラストラップで増田選手が平塚選手(シマノ)と共にアタック]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

Img_1080
[激戦のゴールスプリントを制したのはシマノの鈴木譲選手]
photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

JPT第1戦 JBCFしもふさクリテリウム(千葉県成田市)

P1決勝 50分+2周(1周=1.5km)
1位 鈴木 譲(シマノレーシング)53m40s 43.59km/h
2位 鈴木 真理(cannondale spacezeropoint)+00s
3位 辻 善光(TeamUKYO)+00s
4位 小室 雅成(cannondale spacezeropoint)+00s
5位 入部 正太朗(シマノレーシング)+00s
6位 大久保 陣(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)+00s
7位 廣瀬 佳正(宇都宮ブリッツェン)+00s
8位 飯島 誠(GRUPPO ACQUA TAMA)+00s
9位 太田 貴明(TeamUKYO)+00s
10位 鈴木 近成(ボンシャンス飯田)+00s
14位 飯野 智行(宇都宮ブリッツェン)+01s
15位 初山 翔(宇都宮ブリッツェン)+01s
25位 中村 誠(宇都宮ブリッツェン)+02s
29位 普久原 奨(宇都宮ブリッツェン)+02s
38位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン)+06s
44位 若杉 厚仁(宇都宮ブリッツェン)+14s
出走(決勝)49名/完走49名

Jプロツアー個人ランキング
1位 鈴木 譲(シマノレーシング)1000P
2位 鈴木 真理(cannondale spacezeropoint)750P
3位 辻 善光(TeamUKYO)650P

Jプロツアーチームランキング
1位 シマノ 1650P
2位 cannondale spacezeropoint 1500P
3位 TeamUKYO 1150P

2012年Jプロツアー開幕戦となる「JBCFしもふさクリテリウム」が千葉県成田市にあるフレンドリーパーク下総のテクニカルなハイスピードサーキットで開催され、最終的に一つにまとまった集団でのゴールスプリントを今年からシマノレーシングのキャプテンとなった鈴木譲選手が制して、今季最初のルビーレッドジャージに袖を通しました。

宇都宮ブリッツェン勢は、クリテリウムレースのスペシャリストが不在のなか、常に攻撃を仕掛ける姿勢でレースに挑みましたが、集団ゴールに持ち込みたいTeamUKYO勢などの牙城を崩すことができず、最も多くのアタックを仕掛けながらも最後はゴールスプリントに絡めずに廣瀬選手の7位が最高となっています。

栗村監督コメント
「今年もほろ苦いリザルトでのシーズン開幕となりました。予選1組でルーキーの堀選手が落車に巻き込まれていきなり腕を骨折するというアクシデントではじまったしもふさクリテリウム。堀選手以外の7名は全員決勝に上がったものの、アタッカーにはあまり向いていないコースレイアウトのなかでどう戦うのかがポイントとなりました。レースがはじまると、各選手が予定通りに積極的に動いて何度も攻撃を仕掛け、一時、廣瀬選手と中村選手を含む9名の先頭集団が形成されましたが、スプリンター系チームの追走でこれらのアタックはことごとく潰されてしまいます。最終ラップには、増田選手とシマノの平塚選手が2名で飛び出しますが、これも不発に終わり、最後は課題のゴールスプリントに絡めずに表彰台を逃す結果となってしまいました。それでも攻撃力は明らかに向上しており、より難易度の高いレースでのパフォーマンスには十分に期待が持てます。開幕戦で悔しいを思いをし、その後チームが団結していくというこれまでの流れを、今年も継承することになりそうです。お決まりのコメントとなってしまいますが、目先のレース結果に一喜一憂することなく、自分たちの力と可能性を信じて今後も努力を継続して参ります。今回もたくさんのご声援ありがとうございました。」

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

本日は途中から「Live!!!ブログ」の不調により更新が滞ってしまいました。
申し訳ございません。
宇都宮ブリッツェンはレース中盤から何度も仕掛けていきましたが、最後は集団ゴールとなって廣瀬選手の7位が最高位となっています。

1位 鈴木 譲(シマノレーシング) 53:40 43.59km/h
2位 鈴木 真理(cannondale spacezeropoint) 00:00
3位 辻 善光(TeamUKYO) 00:00
4位 小室 雅成(cannondale spacezeropoint) 00:00
5位 入部 正太朗(シマノレーシング) 00:00
6位 大久保 陣(パールイズミ・スミタ・ラバネロ) 00:00
7位 廣瀬 佳正(宇都宮ブリッツェン) 00:00
8位 飯島 誠(GRUPPO ACQUA TAMA) 00:00
9位 太田 貴明(TeamUKYO) 00:00
10位 鈴木 近成(ボンシャンス飯田) 00:00
14位 飯野 智行(宇都宮ブリッツェン) 00:01
15位 初山 翔(宇都宮ブリッツェン) 00:01
25位 中村 誠(宇都宮ブリッツェン) 00:02
29位 普久原 奨(宇都宮ブリッツェン) 00:02
38位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン) 00:06
44位 若杉 厚仁(宇都宮ブリッツェン) 00:14

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

3周目
再び集団は一つに。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

2周目
初山選手と若杉選手(宇都宮ブリッツェン)が飛び出す。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

1周目
まずは集団で通過。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
JPT第1戦のしもふさクリテ決勝がスタートしました。
50分+2周の距離で競われます。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
午後の決勝は15時30分からとなります。
現在、昼食を摂りながらミーティング中です。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選3組目の3名も無事に決勝進出を果たしました。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選3組目がスタートしました。
廣瀬、増田、飯野選手の3名が出場しています。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選2組目に出場した中村選手と若杉選手は無事に決勝進出しました。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選2組目には中村選手と若杉選手が出場します。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選1組目は初山選手と普久原選手が無事に決勝進出したものの、堀選手は最終ラップで落車リタイアとなった。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
予選1組目がスタートしました。
普久原、初山、堀選手の3名が出走します。
上位16名が決勝進出となります。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
気温が低めなので各自入念にアップしています。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
会場に到着しました。
このあと11時から予選(3組)が行われます。

|

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Live!!! JPT1戦 JBCFしもふさクリテ
おはようございます。
これから今シーズンの開幕戦となる「JBCFしもふさクリテリウム」出場のために千葉県成田市に向います。
雨がまだ少し残ってます。

|

Live!!!JPT1戦 JBCFしもふさクリテ

Jbcf Jpt
JBCF ROAD SERIES       2012 J PRO TOUR

◆2012Jプロツアー第1戦
第1回JBCFしもふさクリテリウム

開催日
3月11日(日)

出場選手
廣瀬佳正
普久原奨
中村誠
増田成幸
初山翔
飯野智行
若杉厚仁
堀孝明

監督コメント
「2012年シーズンがいよいよ開幕します。昨シーズンは開幕直前に東日本大震災が発生し、開催が予定されていた多くのレースが軒並みキャンセルとなりました。今季の開幕戦は2012年3月11日。奇しくも大震災からちょうど1年後に設定されました。チームが存続し、そして再びレースに出場できることに心から感謝し、全力で戦いに挑みたいと思います。今季の開幕戦に選ばれたコースは、JPT初開催となるフレンドリーパーク下総。1周の距離が1.5kmと短いのでクリテリウム形式のレースとしてカテゴライズされていますが、若干ながら上り区間も含まれており、サーキットコースの要素も少なからず持っています。辻選手の移籍によりスペシャリスト不在のなかでの戦いになりますが、チーム全体のパフォーマンスは向上しているので、オフェンシブな走りでチャンスを切り開いていきたいと思います。今季も熱い応援をよろしくお願いいたします。」

スケジュール
3月11日(日)
-10:30 選手受付(公園内ふれあい広場)
11:00 予選1組(10分+2周/1周=1.5km/普久原/初山/堀/16名上がり)
11:20 予選2組(10分+2周/1周=1.5km/中村/若杉/16名上がり)
11:40 予選3組(10分+2周/1周=1.5km/廣瀬/増田/飯野/16名上がり)
15:30 決勝(55分+2周/1周=1.5km/48名)
※表彰式はゴール後すぐ
※サインは各レース10分前まで
※予選スタートリスト
http://www.jbcf.jp/race/2012/shimofusa/simofusa_startrist.pdf

天気予報(5日現在)
曇/10-5度/雨40%

・開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2012/shimofusa/index.html

会場(フレンドリーパーク下総)

大きな地図で見る

|

« 2012/02/19 | トップページ | 2012/03/17 »