« 2011/10/14 | トップページ | 2011/10/16 »

2011/10/15

2011/10/15

Live!!! JHST 4ステージ

02
[サバイバルな展開のなかで先頭集団をキープする走りをみせた初山選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Jayco Herald Sun Tour UCI2.1

第4ステージ 131.6km(Sorrento~ArthursSeat)
1 Egor SILIN (KATUSHA) 3:20:54 39.30km/h   
2 Nathan HAAS (GENESYS) +0:16   
3 Jack BOBRIDGE (GARMIN-CERVELO) st   
4 Artem OVECHKIN (KATUSHA) +0:19   
5 Lachlan NORRIS (DRAPAC) +0:23   
6 Yukihiro DOI (SKIL-SHIMANO) +0:26   
7 Cameron MEYER (GARMIN-CERVELO) +0:30   
8 Adam HANSEN (OMEGAPHARMA-LOTTO) +0:34   
9 Jens DEBUSSCHERE (OMEGAPHARMA-LOTTO) +0:36   
10 Alexander SEROV (RUSSIAN NATIONAL TEAM) st   
33 Sho HATSUYAMA (UTSUNOMIYA BLITZEN) +1:24   
69 Yoshimasa HIROSE (UTSUNOMIYA BLITZEN) +10:30   
81 Yoshimitsu TSUJI (UTSUNOMIYA BLITZEN) +11:18   

個人総合時間第4ステージ終了時
1 Nathan HAAS (GENESYS) 15:11:20   
2 Jack BOBRIDGE (GARMIN-CERVELO) +00:10 
3 Jonas AEN JORGENSEN (SAXO BANK) +00:29 
4 Reinardt JANSE VAN RENSBURG (MTN) +00:33 
5 Jens DEBUSSCHERE (OMEGAPHARMA-LOTTO) +00:34 
6 Rhys POLLOCK (DRAPAC) +01:14 
7 Joseph LEWIS (AUSTRALIN NATIONAL TEAM) +03:29 
8 Bernard SULZBERGER (V AUATRALIA) +03:45 
9 Tim GUDSELL (PUREBLACK) +03:59 
10 Koen DE KORT (SKIL-SHIMANO) +04:18
14  Yukihiro DOI (SKIL-SHIMANO) +10:37
40 Sho HATSUYAMA (UTSUNOMIYA BLITZEN) +12:50 
65 Yoshimasa HIROSE (UTSUNOMIYA BLITZEN) +32:01 
77 Yoshimitsu TSUJI (UTSUNOMIYA BLITZEN) +33:06 

個人総合スプリント第4ステージ終了時
1 Hathan HAAS (GENESYS) 18p
2 Rhys POLLOCK (DRAPAC) 14p
3 Steele VON HOFF (GENESYS) 14p

個人総合山岳第4ステージ終了時
1 Cameron PETERSON (V AUATRALIA) 32p 
2 Nic HAMILTON (JELLY BELLY) 26p
3 Glen CHADWICK (PUREBLACK) 24p 

団体総合時間第4ステージ終了時
1 GENESYS 45:54:23
2 OMEGAPHARMA-LOTTO +1:48
3 SAXO BANK SUNGARD +2:10 
16 UTSUNOMIYA BLITZEN +34:54

UCI2.1のステージレース「Jayco Herald Sun Tour」の第4ステージが Sorrento から ArthursSeat までの131.6kmのコースで開催され、最後の ArthursSeat の上りで抜けだしたカチューシャのシリンが、個人総合時間で逆転を狙うハース(ジェネシス)に16秒のタイム差をつけてステージ優勝を飾りました。

一方、今大会の最難関コースとなった本ステージで個人総合時間争いも激化し、初日から総合首位を守ってきたポロック(ドラパック)が最後の上りゴールで遅れてしまい、ステージ2位でゴールした個人総合2位のハース(ジェネシス)が逆転に成功して、最終日を前に見事イエロージャージを手にしました。

この結果、ジェネシスが山岳賞以外の全ての賞(個人総合時間=ハース、個人総合スプリント=ハース、新人賞=ハース、チーム総合時間=ジェネシス)を獲得。最終日のメルボルン市内でのクリテリウムで全てが決まります。

宇都宮ブリッツェン勢は、ArthursSeat の上り(約3km)を3回こなすクイーンステージで初山選手に上位へ食い込む走りを期待。2回目の上りを終えて先頭集団は40名ほどに絞られますが、そのなかにしっかりと残った初山選手がトップグループで ArthursSeat の上りゴールに挑み、最後はトップから1分24秒遅れの33位でのゴールを果たしています。

栗村監督コメント
「厳しい上りを3回こなし、しかも朝から強い風が吹いていてサバイバルな展開が予想された第4ステージ。初山選手に先頭集団へ食らいつく走りを期待するなか、多くの選手たちが遅れる状況下で余裕を持ってトップグループをキープする素晴らしいクライミングをみせてくれました。また、廣瀬選手と辻選手も30名ほどのグルペット内でゴールし、最終日のクリテリウムへしっかりと繋いでくれています。明日はいよいよ最終日。毎年完走者が半分以下となるメルボルン市街地でのクリテリウムとなります。生き残ることすら難しいハイスピードレースとなりますが、スペシャリストの辻選手に再度トップテン以内でのフィニッシュを期待したいと思います。そして日本ではJプロツアーの最終戦となるJPT第15戦のJBCF輪島ロードが開催されます。ここまでルビーレッドジャージを守ってきた増田選手がこの逆境をどう乗り越えるかがポイントとなります。宇都宮ブリッツェンにとって重要な日となる明日の戦いに全力で挑戦します。」

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
もう23時…ようやく落ち着きました。
本日のリザルトは土井選手が6位、そして初山選手は33位でした。
今日はゴール時間がいつもより3時間ほど遅く、しかもゴール地点から100km移動する必要があり、更にホテルがメルボルン市内にあるので駐車場などもろもろ不便で作業効率がすこぶる低下しています。
これからレポートやHPのアップ作業にとりかかります。
寝れるのは何時になることやら…
ただ明日の最終日クリテリウムは15時15分スタートなので朝は少しゆっくりできます!
そして明後日は夜中の3時起きでメルボルン空港に向かうことになります(涙

そしてそして!Jプロツアー最終戦の輪島ロードが明日開催となります!
中村選手、増田選手、小坂選手、堀選手、力の限り戦ってくれっ!
オーストラリアからみんなで念を送ります!

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
ただいまミーティングを行っています。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
チームプレゼンテーションが行われています。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
ゴール直後の初山選手。

|

Live!!! JHST 4ステージ

ゴールしました。
優勝はカチューシャの選手。
スキルシマノの土井選手が7位くらい。
そして初山選手も健闘して20位くらいでゴールした模様。

|

Live!!! JHST 4ステージ

ラスト2キロ
ゴールとなる3回目の上りに入っています。
初山選手はこの上りゴールを何位くらいでこなせるか?

|

Live!!! JHST 4ステージ

ラスト5km
先頭集団は40名ほどに絞られて初山選手が残っている。
廣瀬選手と辻選手は30名ほどのグルペットに収まった。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
試走から帰ってきました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

112/131
廣瀬選手と辻選手がメイン集団より遅れた。
メイン集団は先頭の5名との差を1分台に縮めて2回目のKOMに入っている。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
95/131
雨が降りはじめた。
メイン集団のスピードか上がったため遅れはじめる選手がでている。
タイム差は一気に縮まり2分30秒。

|

Live!!! JHST 4ステージ

サクソバンクがメイン集団の先頭に上がって追走を開始した。

|

Live!!! JHST 4ステージ

85/131
タイム差は4分。
メイン集団は相変わらずドラパックがコントロールして前との差が開きも縮まりもしないように調整している。
予想に反してここまでは落ち着いた展開。
但しこのあとKOMなどでアタックがかかるのは確実。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
試走中です。所々土砂崩れの跡があります。

|

Live!!! JHST 4ステージ

56/131
特に目立った攻撃もなくレースは落ち着いている。
先頭5名とメイン集団との差は再び4分へと広がる。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
ツールでもお馴染みの裸族もいました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
お客さんのコスプレは世界的なトレンドか?

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
結構キツイ上り。お客さんもたくさんいる。
上り口では先頭6名とメイン集団とのは3分だったが頂上では2分となる。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
37/131
これから1回目のKOMに向かいます。

|

Live!!! JHST 4ステージ

25/131
先頭の5名とメイン集団との差は1分を越えてメイン集団はトイレ休憩。
1回目のKOMを前に少しだけまったり。
メイン集団はリーダーチームのドラパックがコントロールしている。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
シマノレーシングに遭遇しました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

10/131
5名の選手がアタックを決めた模様。
本日は3つのKOM(3つとも同じ上りで標高差は約300m)がありゴールは3回目の山頂。
更に風が強いので間違いなく今大会で最も厳しいステージになるだろう。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
能登有料道路を降りたところでお昼です。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
1/131
スタートしました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
まもなくスタートします。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
スタートラインに向かいます。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
スタートまであと20分。
急に風が強くなり空模様が怪しくなってきました。
今日のレースは荒れそうです。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
本日はアップダウンが厳しいコースなので初山選手がどこまで残れるかに注目です。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
辻選手が日焼け止めを塗っています。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
廣瀬選手が着替えを終えてスタートオイルを塗ります。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
若杉選手と初山選手の会話。

若「スーパーみつけたんですけど何か買ってきますか?」

初「飲み物とかはいいから風を弱めてくれ…」

注:本日はかなり強い横風が吹いてるようなので朝からため息が続いています

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
スタートまであと1時間30分です。
土井選手とキッテルが大道芸を観て楽しんでいる後ろ姿がちょっと微笑しいですね。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
蓮台寺まで来ました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
スタート地点に到着しました。
まだスタートまで3時間30分もあります…
本日は陽射しも強く暖かいですが風が強いので厳しいレースとなりそうです。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
Sorrentに到着しました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

ここからのLive!!!ブログは、オーストラリアのジェイコヘラルドサンツアーと、Jプロツアー最終戦輪島ロードとの2本立てとなります。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
フェリーに乗りました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
フェリー乗場に着きました。

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Live!!! JPT15戦 JBCF <br />
 輪島ロード
おはようございます。これから最終戦の会場である輪島に向かいます。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
若干眠そうに朝食を食べています。
柿沼選手も元気になりました。

|

Live!!! JHST 4ステージ

Live!!! JHST 4ステージ
おはようございます。
本日は午前中にフェリーでSorrentoに移動して13:30にレースがスタートします。
眠いっす…

|

Live!!! JPT15戦 JBCF 輪島ロード

Jbcf Jpt
JBCF ROAD SERIES       2011 J PRO TOUR

◆2011Jプロツアー第15戦
JBCF輪島ロードレース

開催日
10月16日(日)

出場選手
中村誠
増田成幸
小坂光
堀孝明(スタジエール)

監督コメント
「いよいよ2011年のJプロツアーも最終戦を迎えます。ルビーレッドジャージを着る増田選手とランキング2位につける畑中選手(シマノ)とのポイント差は僅か175ポイント。輪島ロードに勝つと1000ポイントを獲得できるので年間王者争いはまさにこのレースの結果次第と言えます。1位=1000P、2位=700Pですので、優勝すれば自動的に年間王者が決定し、それ以下の順位ですと相手の着順が重要になってきます。宇都宮ブリッツェンは、中村、増田、小坂の3選手に加えて、ブラウ・ブリッツェンの堀選手を昇格させて最終戦に挑みます。他のメンバーは、宇都宮ブリッツェン初の海外レース(Jayco Herald Sun Tour)に出場するので数的不利は否めませんが、難易度の高い輪島のコースはチーム戦略の重要度を下げてくれる上、ポイントを多く持っている増田選手と宇都宮ブリッツェンとしては逃げを潰す必要がないので、畑中選手との力勝負に集中できる状況下にあります。ここまで着続けたルビーレッドジャージを宇都宮に持ち帰るためにも死力を尽くして戦います。」

スケジュール
10月15日(土)
13:30-14:30 選手受付(輪島市門前会館前駐車場)
14:30-15:30 コース試走
15:30-16:30 監督会議(輪島市門前会館3階会議室)
16:30-17:30 開会式・交流会(輪島市立門前東小学校正面駐車場)
10月16日(日)
-10:55 サイン
11:10 スタート(88.6km=12.6kmx7Laps)
14:30-15:00 表彰式(輪島市立門前東小学校正面駐車場)

天気予報(-日現在)
coming soon...

・開催要項
http://www.jbcf.jp/race/2011/wajima/2011_wajima_guide.pdf

会場(輪島市立門前東小学校)

大きな地図で見る

|

« 2011/10/14 | トップページ | 2011/10/16 »