« 2010/09/18 | トップページ | 2010/09/20 »

2010/09/19

2010/09/19

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Bli
[中村選手が逃げ続けるなか他の3選手はメイン集団内で好位置をキープ]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

ツール・ド・北海道 UCI2.2

第3ステージ 169km(室蘭市~恵庭市)
1 山本 元喜 鹿屋体育大学 4:14:15 38.9km/h
2 GAROFALO Vincenzo TEAM NIPPO 00:10
3 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 00:10
4 YOUM Jung Hwan 大韓民国チーム 00:10
5 鈴木 譲 シマノレーシング 00:10
6 PARK Sung Baek 大韓民国チーム 01:42
7 内間 康平 鹿屋体育大学 01:42
8 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 01:42
9 宮沢 崇史 TEAM NIPPO 01:42
10 福島 晋一 クムセンジンセンアジア 01:42
48 柿沼 章 宇都宮ブリッツェン 01:42
51 小坂 光 宇都宮ブリッツェン 01:42
57 中村 誠 宇都宮ブリッツェン 6:17

個人総合時間第3ステージ終了時
1 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 14:42:09
2 佐野 淳哉 TEAM NIPPO 0:05
3 CHOI Jong Gyun 大韓民国チーム 0:14
4 綾部 勇成 愛三工業レーシングチーム 0:23
5 村上 純平 シマノレーシング 0:23
6 POLL Stefan ARBO-KTM 0:39
7 内間 康平 鹿屋体育大学 0:48
8 狩野 智也 チームブリヂストンアンカー 1:02
9 YOUM Jung Hwan 大韓民国チーム 5:10
10 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 5:12
19 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 6:34
27 柿沼 章 宇都宮ブリッツェン 07:02
37 小坂 光 宇都宮ブリッツェン 09:28
54 中村 誠 宇都宮ブリッツェン 15:00

個人総合ポイント第3ステージ終了時
1 宮沢 崇史 TEAM NIPPO 42p
2 PARK Sung Baek 大韓民国チーム 40p
3 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 37p
8 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 24p

個人総合山岳第3ステージ終了時
1 JANG Kyung Gu 大韓民国チーム 28p
2 BARKHOUSE Brian 北海道地域選抜10 18p
3 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 14p
17 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 1p

団体総合時間第3ステージ終了時
1 チームブリヂストンアンカー 44:14:17
2 TEAM NIPPO 03:55
3 シマノレーシング 03:59
8 宇都宮ブリッツェン 15:11

UCI2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」の第3ステージが、室蘭市をスタートしてオロフレ峠を超えてから恵庭市に向かう169kmの難易度の高いコースで開催され、支笏湖畔を周る平坦路で飛び出した8名の先頭集団の中から5名が最後まで生き残り、ラスト1kmで勇気をもって飛び出した山本選手(鹿屋体育大学)が学生選手としては久々のステージ優勝を飾りました。

総合上位勢はメイン集団内でゴールして、順位に大きな変動はありませんでした。

宇都宮ブリッツェン勢は、最初のオロフレ峠で中村選手と小坂選手が遅れる苦しい展開のなか、柿沼選手と辻選手は順調に上りをパス。

下りきってから形成された8名の先頭集団に柿沼選手が入って中盤の展開を迎えます。

一見チャンスと思えた先頭集団でしたが、このなかに昨日先頭集団内でゴールした狩野選手(ブリヂストン)が含まれていたことで、ニッポやアイサン、シマノなどは先頭交代を拒否。

後続のメイン集団をアイサン勢が引き始めて一時は4分以上あった差が一気に縮まり100km地点で先頭は吸収されます。

その後は再びアタック合戦がはじまり、集団復帰した中村選手と小坂選手がこれに対応して、ラスト70kmで中村選手を含む8名の先頭集団が形成されました。

全員が総合で6分以上遅れていることもあってメイン集団はこの逃げを容認、その差は一気に3分以上に開きます。

先頭の8名がこの日最後の上りに入るとガロファロ(ニッポ)がアタック、調子の上がらない中村選手は対応できずに遅れてしまいます。

結局、この上りで生き残った5名が最後まで逃げきり、宇都宮ブリッツェンはステージ優勝のチャンスを逸してしまいました。

それでも、6位争いとなったメイン集団のゴールスプリントでは、辻選手の指示を受けた小坂選手が素晴らしい牽引をみせ、実に500m以上をリードアウトして辻選手を発射、若干ゴールまで長い距離を残して先行しなければならくなった辻選手もよく耐えてステージ8位でフィニッシュしています。

栗村監督コメント
「今日のレースは辻選手での集団ゴールの展開と他の選手達の逃げきりパターンの2つの作戦を軸に戦いました。結果的にはステージ優勝を逃しましたが、途中で形成された重要な逃げには常に宇都宮ブリッツェンの選手が入り、最後の集団スプリントも辻選手と小坂選手の見事な連携をみることができました。明日は辻選手がプロローグと共に目標に設定していた最終のクリテリウム。全力で戦います。」

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

本日はココログの不調によりライブブログが半分以上反映されていませんでした(T_T)
毎日2,000人以上(15,000アクセス/日)の方に観ていただいてるのにすみません…

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Img_1969

辻選手はステージ8位でした。

1 山本 元喜 鹿屋体育大学 4:14:15 38.9km/h 1
2 GAROFALO Vincenzo TEAM NIPPO 00:10
3 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 00:10
4 YOUM Jung Hwan 大韓民国チーム 00:10
5 鈴木 譲 シマノレーシング 00:10
6 PARK Sung Baek 大韓民国チーム 01:42
7 内間 康平 鹿屋体育大学 01:42
8 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 01:42
9 宮沢 崇史 TEAM NIPPO 01:42
10 福島 晋一 クムセンジンセンアジア 01:42

1 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 14:42:09
2 佐野 淳哉 TEAM NIPPO 0:05
3 CHOI Jong Gyun 大韓民国チーム 0:14
4 綾部 勇成 愛三工業レーシングチーム 0:23
5 村上 純平 シマノレーシング 0:23
6 POLL Stefan ARBO-KTM 0:39
7 内間 康平 鹿屋体育大学 0:48
8 狩野 智也 チームブリヂストンアンカー 1:02
9 YOUM Jung Hwan 大韓民国チーム 5:10
10 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 5:12
19 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 6:34

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

辻選手はメイン集団の3番目でゴールか?

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

結果速報
1山本(鹿屋)
2ガロファロ(ニッポ)
3フェン(台湾)

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

164/169
先頭5名の逃げ切りは決まり。
メイン集団はブリヂストン、アイサン、ニッポ、宇都宮ブリッツェンなどが引くが届かない。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

155/169
先頭は5名
ガロファロ(ニッポ)
鈴木譲(シマノ)
山本(鹿屋)
ユム(韓国)
フェン(台湾)
メインは2分30秒差

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

150/169
頂上を越えて先頭は2名変わらず。
その後ろに数名が続きメイン集団は5分差。
中村選手はメイン集団に吸収された。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

130/169
登りに入ってガロファロ(ニッポ)とユム(韓国)が先頭集団からアタック。
中村選手は遅れてしまった模様。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

125/169
中村選手を含む先頭8名とブリヂストン勢が引くメイン集団は3分30秒差。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

105/169
支笏湖をまわる平坦区間でアタック合戦がはじまり中村選手を含む8名が飛び出した。

ガロファロ(ニッポ)
鈴木譲(鈴木譲)
盛(アイサン)
山本(鹿屋)
海藤(クムセン)
中村(宇都宮ブリッツェン)
ユム(韓国)
フェン(台湾)

タイム差は1分30秒。
メイン集団はブリヂストンがコントロール。
先頭集団の中で最上位は盛選手(アイサン)で6分22秒遅れ。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

100/169
先頭の8名は吸収された。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

85/169
アイサン勢の引きでタイム差は縮まり1分15秒。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Sh380192
77/169
先頭8名で引いているのは福島選手(クムセン)や柿沼選手などで、リーダーチームの狩野選手(ブリヂストン)はもとよりニッポやアイサンもまわっていない。
メイン集団はアイサン勢が引きはじめた。
タイム差は4分。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

本日はブログが不調で更新が反映されません…

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

先頭7名に柿沼選手が追いついた模様。
先頭集団に入った狩野選手(ブリヂストン)の存在を嫌って先頭8名はペースが上がらない。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

67/169
下りを終えて先頭は7名となる。

宮澤(ニッポ)6分16遅れ
井上(ニッポ)6分43遅れ
畑中(シマノ)6分28遅れ
盛(アイサン)6分22遅れ
狩野(ブリヂストン)1分03遅れ
吉田(鹿屋)6分47遅れ
福島(クムセン)6分35遅れ

追走1名=1分差
柿沼(宇都宮ブリッツェン)

メイン集団=2分差

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

46/169
オロフレ峠を越えてダウンヒル中。
相変わらずバークハウス(北海道選抜)が逃げている。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

37/169
先頭のバークハウス(北海道選抜)からメイン集団まで1分30秒。
中間に3名ほどの追走グループがいる。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

29/169
先頭ではバークハウス(北海道選抜)が単独で逃げている。
メイン集団とは35秒差。
これから本格的な登りがはじまる。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

24/169
ペースがかなり速いようでパンクした選手が戻れない。
集団後方では既に遅れはじめる選手がでている。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

20/169
上り区間に入ったがまだ逃げは決まらず。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

13/169
オロフレ峠に向かう平坦区間でアタック合戦が続くが逃げは決まらない。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Sh380191
まもなく第3ステージがスタートします。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
小坂選手が出走サインを行います。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
柿沼選手がリザルトをチェックし、針谷メカがタイヤに付いたゴミを拭き取っています。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
天気予報を回復傾向ですがスタート地点では雨がパラついてきました。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
スタート地点に到着しました。
柿沼選手がマッサージオイルを塗っています。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
既に自転車の準備は終わっております。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

Live!!! ツールド北海道 3ステージ
おはようございます。
昨日の夜から降っていた雨はあがっていますが路面は濡れています。

|

Live!!! ツールド北海道 3ステージ

◆9月16(木)~20日(月)
ツール・ド・北海道 UCI2.2
プロローグ 0.8km 個人タイムトライアル
1ステージ 218km ロードレース
2ステージ 186km ロードレース
3ステージ 169km ロードレース
4ステージ 62km クリテリウム

◆第3ステージ
9月19日(日) 9:30スタート
室蘭市~恵庭市 169km

◆出場選手
柿沼章/廣瀬佳正/中村誠/辻善光/小坂光

◆大会オフィシャルサイト
http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/

|

« 2010/09/18 | トップページ | 2010/09/20 »