« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »

2010年9月18日

2010/09/18

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
全裸で大ボトル大会…スタッフの長い夜は続きます。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Tsuji
[厳しいと思われた第2ステージのコースでも好調な走りをみせた辻選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

ツール・ド・北海道 UCI2.2

第2ステージ 186km(倶知安町~倶知安町)
1 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 4:55:22 37.8km/h
2 佐野 淳哉 TEAM NIPPO 00:00
3 CHOI Jong Gyun 大韓民国チーム 00:09
4 綾部 勇成 愛三工業レーシングチーム 00:12
5 村上 純平 シマノレーシング 00:16
6 POLL Stefan ARBO-KTM 00:27
7 内間 康平 鹿屋体育大学 00:35
8 狩野 智也 チームブリヂストンアンカー 00:49
9 BARKHOUSE Brian 北海道地域選抜 06:14
10 鈴木 真理 シマノレーシング 06:14
15 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 06:26
26 柿沼 章 宇都宮ブリッツェン 06:49
44 小坂 光 宇都宮ブリッツェン 09:17
57 中村 誠 宇都宮ブリッツェン 10:07
DNF 廣瀬 佳正 宇都宮ブリッツェン

個人総合時間第2ステージ終了時
1 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 10:26:12
2 佐野 淳哉 TEAM NIPPO 0:05
3 CHOI Jong Gyun 大韓民国チーム 0:14
4 綾部 勇成 愛三工業レーシングチーム 0:23
5 村上 純平 シマノレーシング 0:23
6 POLL Stefan ARBO-KTM 0:39
7 内間 康平 鹿屋体育大学 0:48
8 狩野 智也 チームブリヂストンアンカー 1:03
9 宮沢 崇史 TEAM NIPPO 6:16
10 西谷 泰治 愛三工業レーシングチーム 6:22
15 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 6:34
26 柿沼 章 宇都宮ブリッツェン 7:02
41 小坂 光 宇都宮ブリッツェン 9:28
58 中村 誠 宇都宮ブリッツェン 10:56

個人総合ポイント第2ステージ終了時
1 清水 都貴 チームブリヂストンアンカー 37p
2 PARK Sung Baek 大韓民国チーム 30p
3 宮沢 崇史 TEAM NIPPO 30p
10 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 16p

個人総合山岳第2ステージ終了時
1 JANG Kyung Gu 大韓民国チーム 20p
2 FENG Chun Kai アクションサイクリングチーム 13p
3 狩野 智也 チームブリヂストンアンカー 11p
9 辻 善光 宇都宮ブリッツェン 1p

団体総合時間第2ステージ終了時
1 チームブリヂストンアンカー 31:26:26
2 愛三工業レーシングチーム 05:15
3 TEAM NIPPO 05:27
9 宇都宮ブリッツェン 15:11

UCI2.2のステージレース「ツール・ド・北海道」の第2ステージが倶知安町をスタートして再び戻ってくるアップダウンの厳しいコースで開催され、ラスト50km地点で34名の先頭集団から抜けだした8名がそのまま後続に6分以上の大差をつけて逃げきり、最後の上りゴールを制した清水都貴選手が(ブリヂストン)がステージ優勝を飾ると共に総合でも一気に首位に躍り出ました。

宇都宮ブリッツェン勢は、序盤から続くアタックにベテランの柿沼選手が何度も対応して後手にまわらずにレースを展開。
66km地点の2回目の山岳ポイントを辻選手が取りにいくとその動きの流れで辻選手と柿沼選手を含む17名の先頭集団が形成されました。
一時はこの先頭集団が有力選手の残るメイン集団に4分以上の差をつけますが、後ろから17名が追走を開始して先頭集団は34名に増え、宇都宮ブリッツェンはこのなかに柿沼選手と辻選手のみという若干不利な展開となります。
ラスト50kmほどにある軽い登りで序盤から積極的に走っていた狩野選手(ブリヂストン)が仕掛けると8名の先頭集団が形成され、このアタックに宇都宮ブリッツェンの二人は一瞬躊躇して乗れずにその差は一気に1分まで開いてしまいました。
結局、優勝候補の選手たちが多くの残る26名の第2集団は大きくペースダウン、途中、逃げ遅れた、宇都宮ブリッツェン、クムセンジンセンアジア、北海道選抜、そして不利な状況だったシマノレーシングが追走を組織しましたが、差は縮まらずに先頭は6分以上も先へ行ってしまいます。
総合は諦めなくてはいけない展開となりましたが、最後の上りゴールでは辻選手が粘りの走りでステージ15位に食い込み、総合でも15位をキープ。
狙ったレースでの集中度の高さをみせてくれました。
相変わらず強い脚をみせる柿沼選手は第2集団内でゴール、小坂選手と中村選手は第3集団でのゴールとなっています。
また、途中で膝の痛みを訴えていた廣瀬選手は残念ながらリタイアとなりました。

栗村監督コメント
「宇都宮ブリッツェンにとって厳しい展開が予想された今日のステージでしたが、序盤から柿沼選手が良い動きをみせてチームとして順調に距離を刻んでいきました。苦戦が心配された辻選手も軽快に上りをこなして途中にはかなり好条件の展開を手に入れましたが、その後のレース展開にチームとしてうまく対応できずに個人総合はほぼ消滅となってしまいました。しかし、残りの2ステージは元々の目標であったステージ優勝を狙えるコース、切り替えて前向きに表彰台を目指していきます。」

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
室蘭のホテルに到着しました。
針谷メカは洗車を開始、遊佐マッサーはマッサージを開始、チームカーは給油中です。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
現在、本日のホテルがある室蘭に向けてチームカーで移動中です。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
辻選手はローラーでダウン中。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
これから数名の選手がダウンがてら走ってホテルに向かいます。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
本日は脚を攣って遅れてゴールした中村選手。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

結果速報
1清水都貴(ブリヂストン)
2佐野(ニッポ)
3チョイ(韓国)
15辻(宇都宮ブリッツェン)

リーダーは恐らく清水都貴選手(ブリヂストン)。
ブリヂストンは団体でもトップに立った。
アンカー祭り。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

181/186
先頭8名は最後のアタック合戦を開始。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

171/186
タイム差は5分近くにまで開いた。
第2集団には、西谷・盛(アイサン)、鈴木真理・畑中(シマノ)、宮澤(ニッポ)、パクスンベク(韓国)などの多くの有力選手が残っているが、レースは先頭の8名で決まってしまった。
宇都宮ブリッツェンは8名の逃げに乗れなかったのが悔やまれる。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

161/186
先頭は8名
佐野(ニッポ)
村上(シマノ)
内間(鹿屋)
綾部(アイサン)
狩野(ブリヂストン)
清水(ブリヂストン)
ペル(KTM)
チョイ(韓国)
第2集団は3分30秒差で、柿沼選手(宇都宮ブリッツェン)やクムセン、シマノ、北海道選抜などが引いている。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

135/186
ちょっとした上りで先頭集団から8名が抜け出した。
宇都宮ブリッツェンは入っていない。
タイム差はあっという間に1分。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

120/186
先頭の30名と追走の30名ほどの集団との差は1分40秒。
宇都宮ブリッツェンは柿沼選手と辻選手が先頭に入っている。
他の有力チームは3〜4名を先頭集団に送り込んでいる。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

110/186
後続のメイン集団から有力選手を含んだ追撃が形成されて先頭と合流して先頭集団は30名ほどに増えた。
宇都宮ブリッツェンはこの中に柿沼選手と辻選手が入っている。
メイン集団との差は1分30秒。
廣瀬選手は膝の痛みが悪化してリタイヤ。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
90/186
先頭の17名
井上(ニッポ)
ガロファロ(ニッポ)
鈴木真理(シマノ)
綾部(アイサン)
盛(アイサン)
狩野(ブリヂストン)
福原(ブリヂストン)
伊丹(ブリヂストン)
内間(鹿屋)
福島(クムセン)
柿沼(宇都宮ブリッツェン)
辻(宇都宮ブリッツェン)
松田(北海道選抜)
バークハウス(北海道選抜)
ガズボダ(KTM)
ジャン(韓国)
チョイ(韓国)

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

80/186
メイン集団から更に追撃の動きがが続いて先頭は柿沼選手と辻選手を含む17名となる。
先頭17名とメイン集団とのタイム差は一気に4分と開いた。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

70/186
メイン集団から福島選手(クムセン)とガロファロ(ニッポ)が追走開始。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

65/186
状況はそれほど変わっていない。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

40/186
まもなくチセヌプリの山頂。
意外にも動きはない。
メイン集団はニッポの菊池選手がコントロール。

先頭は2名
狩野(ブリヂストン)
ジャン(韓国)

追走1名2分30秒
バークハウス(北海道選抜)

メイン集団3分15秒

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

33/186
タイム差は3分20秒。
チセヌプリの登りに入りました。
頂上は40キロ地点で標高は900m。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

30/186
タイム差は1分。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

25/186
チセヌプリの峠を前に2名が飛び出す。
狩野(ブリヂストン)
ジャン(韓国)
山岳賞狙いの二人か?

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

20/186
集団は一つにまとまる。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

先頭は10名になる。
宮澤(ニッポ)
鈴木譲(シマノ)
福田(アイサン)
伊丹(ブリヂストン)
内間(鹿屋)
柿沼(宇都宮ブリッツェン)
山本(北海道選抜)
バークハウス(北海道選抜)
ジャン(韓国)
パク(韓国)
総合1位と2位が含まれた奇妙な展開。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

10/186
柿沼選手を含む7名が飛び出した模様。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
5/186
スタートから登りがはじまりアタック合戦が続いている。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
まもなくスタートします。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
昨日のステージでU23トップだった小坂選手は本来表彰対象だったようでいま地元賞をいただきました。
初日の辻選手に続いて2日連続の表彰台のはずだったので少し残念…

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
選手が駐車場に降りてきました。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
廣瀬キャプテンが肩をほぐしてもらってます。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
朝の駐車場は各チームのスタッフが慌ただしく動いています。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
ラインレースではコースプロフィールマップは必需品となります。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
チームカーの中は限られたスペースを有効利用しないとすぐにいっぱいになっちゃいます。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

Live!!! ツールド北海道 2ステージ
おはようございます。
本日も晴れています。

|

Live!!! ツールド北海道 2ステージ

◆9月16(木)~20日(月)
ツール・ド・北海道 UCI2.2
プロローグ 0.8km 個人タイムトライアル
1ステージ 218km ロードレース
2ステージ 186km ロードレース
3ステージ 169km ロードレース
4ステージ 62km クリテリウム

◆第2ステージ
9月18日(土) 9:30スタート
倶知安町~倶知安町 186km

◆出場選手
柿沼章/廣瀬佳正/中村誠/辻善光/小坂光

◆大会オフィシャルサイト
http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/

|

« 2010年9月17日 | トップページ | 2010年9月19日 »