« 2010/05/17 | トップページ | 2010/05/19 »

2010/05/18

2010/05/18

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
小坂選手がマッサージを受けています。桂月堂の喜多マッサーはマッサージの他にも補給などをこなして大活躍です。ありがとうございます。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
ボトル漬け置き洗い中。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Naganuma1

Nakamura
[上:1周目から自ら抜け出してリスクを負いチャンスを狙いにいった長沼選手]
[下:最終局面で消耗していた長沼選手をサポートした職人中村選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

ツアー・オブ・ジャパン UCI2.2

第3ステージ 160.7km(美濃ステージ)
1 CUCINOTTA Claudio ITA (デローザ) 3:42:35
2 DEMPSTER Zakkari AUS (ラファ) +00:00
3 MIYAZAWA Takashi JPN (ニッポ) +00:00
4 MATTHEWS Michael AUS (ジャイコ) +00:00
5 MORI Kazuhiro JPN (アイサン) +00:00
6 NARA Motoi JPN (グムサン) +00:00
7 SUZUKI Shinri JPN (シマノ) +00:00
8 LAPTHORNE Darren AUS (ラファ) +00:00
9 HOUSE Kristian GBR (ラファ) +00:00
10 WONG Kam Po HKG (香港) +00:00
39 NAGANUMA Takayuki JPN (宇都宮ブリッツェン) +00:00
52 NAKAMURA Makoto JPN (宇都宮ブリッツェン) +00:00
66 KOSAKA Hikaru JPN (宇都宮ブリッツェン) +01:56
67 TSUJI Yoshimitsu JPN (宇都宮ブリッツェン) +01:56
68 KAKINUMA Akira JPN (宇都宮ブリッツェン) +01:56
90 SAITO Shota JPN (宇都宮ブリッツェン) +13:39

個人総合第3ステージ終了時
1 MATTHEWS Michael AUS (ジャイコ) 6:19:08
2 SALERNO Cristiano ITA (デローザ) +00:09
3 LAPTHORNE Darren AUS (ラファ) +00:14
4 WONG Kam Po HKG (香港) +00:14
5 MIZUROV Andrey KAZ (カザフスタン) +00:17
6 NARA Motoi JPN (グムサン) +00:17
7 SANO Junya JPN (ニッポ) +00:19
8 MORI Kazuhiro JPN (アイサン) +00:20
9 NISHITANI Taiji JPN (アイサン) +00:20
10 SUZUKI Shinri JPN (シマノ) +00:20
34 NAKAMURA Makoto JPN (宇都宮ブリッツェン) +00:37
36 NAGANUMA Takayuki JPN (宇都宮ブリッツェン) +00:38
59 KAKINUMA Akira JPN (宇都宮ブリッツェン) +02:56
70 TSUJI Yoshimitsu JPN (宇都宮ブリッツェン) +06:24
81 KOSAKA Hikaru JPN (宇都宮ブリッツェン) +15:37
89 SAITO Shota JPN (宇都宮ブリッツェン) +27:27


国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の第3ステージが、岐阜県美濃市の平坦基調の周回コース(1周21.3km)で開催され、最後は約50名ほどの集団ゴールとなって、デローザのイタリア人、クチノッタがスプリントを制してステージ優勝を飾りました。

総合では、依然としてジャイコのオーストラリア人スプリンター、マシューズが首位をキープしています。

日本勢では、ニッポの宮澤選手がスプリントでステージ3位に食い込み、総合ではグムサンジンセンアジアの奈良選手が6位につけています。

宇都宮ブリッツェン勢では、長沼選手が1周目の登りでいきなり仕掛け、これをきっかけに総合有力勢を含む8名の逃げが決まりましたが、その後はカザフスタン勢の追撃の前に逃げは吸収。結局、最後の登りの攻撃に耐えた中村選手が、長沼選手をサポートする形で約50名ほどに絞られた先頭グループ内に残り、二人ともタイム差なしでゴールしました。

栗村監督コメント
「昨日に引き続き展開でレースを失う可能性のある難しいコース(コースの難易度は低い)で、長沼選手がサプライズ的に動いて自らレースの主導権を取りにいきました。カザフスタンが含まれていない逃げだったので決まるまでには至りませんでしたが、何人かの有力選手と共に先頭集団を形成したことは今後に繋がる内容だったと感じています。途中のボーナスも2秒稼ぎ、最後も中村選手と共にタイム差なしでゴールしたので最低限のミッションはしっかりとやり遂げています。他の選手たちも無線がないなかで、集団に吸収されたあとの長沼選手をしっかりとサポートしてくれました。明日は展開ではなくて純粋に力で結果が決まる難しい南信州ステージ。とにかく1秒でも少ないタイム差でゴールして、明日を乗り切りたいと思います。」

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
飯田に向かってます…
本日の宇都宮ブリッツェンの結果は39位長沼選手と52位中村選手(共にトップと同タイム)。
先頭集団は53名でした。
総合では34位中村選手と36位長沼選手となっています。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
記念撮影。
これから長野県の飯田市に移動します。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
落車した斉藤選手もキズだらけになりながらなんとか完走。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
最後の登りで長沼選手を引き上げた中村選手。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
柿沼選手もゴール。
BCAAを飲んで回復をはかる。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
本日もドーピングコントロールはなし。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
宇都宮ブリッツェンは約50名ほどの先頭集団に長沼と中村が残ってゴール。
長沼は序盤の逃げでボーナスタイム2秒を得た。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

結果速報
1位クチノッタ(デローザ)
2位デンプスター(ラファ)
3位宮澤(ニッポ)

|

Live!!! TOJ 3ステージ

ゴールしたが結果は分からず。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

ゴール前の風向きは向かい風に変わっている。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

登りを終えたが今年は集団は一つのまま。
集団スブリントへ。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

最後の登りへ

|

Live!!! TOJ 3ステージ

沿道に集まった子供達がヘルプミーと叫ぶ!

|

Live!!! TOJ 3ステージ

集団は一つのまま。
アイサンが西谷選手のスプリントに向けて集合の前に上がっている。
ゴール前は追い風。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

逃げは全て吸収されて集団は一つになる。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

残り15キロ。
登りで仕掛けた6名が先頭の2名を捉えてメインとの追いかけっこ中。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

タイム差は15秒。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

ラストラップ
先頭は8名になる。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

メイン集団をコントロールしているのはジャイコではなくてデローザでした。
先程、ジャイコのチームカーとデローザチームカーが横付けして何やら密会してました。
海外勢は国籍を超えて協力することはあります
が日本勢はなかなか横の繋がりがありません…
タイム差は1分。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

6/7
先頭はワンカンポと福島。
メイン集団は1分差。
嵐の前の静けさ?

|

Live!!! TOJ 3ステージ

先頭は合流して2名になる。
メイン集団は45秒差。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

各チームが補給を行いレースは膠着状態。
メイン集団はリーダーチームのジャイコがコントロール中。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

残り40キロ。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

先頭はワンカンポ、15秒遅れて福島が追走。
メインは先頭から40秒差。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

香港の英雄、ワンカンポが単独で50秒先行。
メイン集団は落ち着いている。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

残りの距離は60キロほど。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

5/7
集団は活性化しているが決定的な動きにはなっていない。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

カザフスタンの追走で逃げは全て吸収。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

4/7
長沼はメイン集団に戻る。
残りの選手も間もなく吸収されそう。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
3/7
斉藤選手が落車に巻き込まれるがなんとか復帰。
メイン集団はカザフスタンが引き始めてタイム差は1分30秒。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

先頭は中国とアイサンの松村が合流して9名になる。
タイム差は2分。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

2/7
長沼がこのコースで長距離を逃げることはリスクの方が大きいが今日は好きなように走らせます。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
タイム差は55秒。
長沼はローテーションに入っている。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

先頭からアンカーの狩野が意識的に下がりメインに戻った。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

2/7
メンバーは、デローザのカッタネオ、ラファのハウス、グムサンの福島、アンカーの狩野と清水都貴、シマノの畑中、ニッポのガロファロ、宇都宮ブリッツェンの長沼。
富士山ステージの有力選手が多く含まれている意外なアーリーアタック。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

1/7
長沼が含まれている8名の逃げが決まる。
メンバーは良いがまだ150キロある。
タイム差は40秒。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
間もなく正式スタートです。
今年もたくさんのギャラリーが集まっています。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
パレードがスタートします。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
クオータバイク。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
スタート前にプレス向けの集合写真を撮影。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
リザルトをチェックする長沼選手。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
柿沼選手のバイクをメンテナンスする針谷メカ。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
古い街並みのなかチームカーが並びます。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
スタート地点に到着きました。
針谷メカが目を輝かせます。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

Live!!! TOJ 3ステージ
おはようございます。
雲は多いですが晴れています!
現在、スタート地点に移動中。
iPhone電波復活です。

|

Live!!! TOJ 3ステージ

◆5月16(日)~23日(日)
ツアー・オブ・ジャパン/全7ステージ/654.25km/UCI2.2
(1堺2.65km/2奈良121.2km/3美濃160.7km/4南信州148km/5富士山11.4km/6修善寺97.6km/
7東京112.7km)

◆3ステージ
5月18日9:15スタート(160.7km/11.6km+21.3km×7laps)
岐阜県美濃市周回コース

◆出場選手
柿沼章/中村誠/辻善光/長沼隆行/斉藤祥太/小坂光

◆大会オフィシャルサイト
http://www.toj.co.jp/toj14/

|

« 2010/05/17 | トップページ | 2010/05/19 »