« 2010年4月29日 | トップページ | 2010年5月15日 »

2010年5月9日

2010/05/09

Live!!! 修善寺オープンロード

Kosa01
[不調ながらもサバイバルレースでゴールを目指す小阪選手と若杉選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

Nishi
[1周目に形成された実力者たちのトップグループ、中央の水色のジャージが西園選手]
photo(c):UTSUNOMIYA BLITZEN

修善寺オープンロード(日本CSC)

クラス1 100km(正周り5kmx20laps)
結果速報
1位 西園良太(東京大学)
2位 山本雅道(ブリヂストン)
3位 普久原奨(ブリヂストン)
4位 伊丹健治(ブリヂストン)
18位 小坂光(宇都宮ブリッツェン)

学生連盟主催の「修善寺オープンロード」が日本CSCで開催され、インカレチャンピオンの西園選手(東京大学)が、トレーニングとして参加していたアンカーのエリート勢を抑えて見事優勝を飾りました。

レースは大学生のトップライダー達が走るU23選手中心のオープンロード。宇都宮ブリッツェンからは大学生達と同カテゴリー(U23)の小阪選手と若杉選手の2名が参加しました。

スタートするとすぐにエリート選手も参加しているアンカー勢(山本、普久原、伊丹)が一気にペースを上げて8名の先頭グループを形成します。

この中に、インカレチャンピオンの西園選手(東大)や、学生ロードシリーズリーダーの笠原選手(中大)などの強豪も入り、後続との差を少しずつ広げていきました。

順調に飛ばす先頭集団を追って、メイン集団からいくつもの追撃が繰り返されますが、その差はなかなか縮まっていきません。

終盤に入り、6名ほどでずっと1分差の位置で追っていたグループが崩壊し、勝負は先頭集団に残った5名に絞られます。

そして、満を持してインカレチャンピオンの西園選手がスピードを上げると、それまで追い込む走りをみせていたアンカー勢が後退。

結局、山本選手(アンカー)のみが西園選手(東大)につきますが、ラスト2周をほぼ先頭で走り続けた西園選手に勝利を譲る形で先頭2名がゴール。西園選手がインカレチャンピオンの実力の高さを見せ付けて優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェンの2名は、木曜日まで行っていたキャンプの疲れが残っていたこともあって精彩を欠く走りになってしまったものの、サバイバルレースを最後まで走りきってU23全日本選手権ロードに向けて彼らなりの経験を積みました。

栗村監督コメント
「2回に分けたミニキャンプの間にあるレースということで体調が読めない部分もありましたが、学生のレースの感覚を肌で感じれたことはU23全日本に向けてある種の収穫だったでしょう。同世代のトップライダーたちのレベルの高さも実感したと思うので、今後のトレーニングに向けたモチベーションも得たと思います。」

|

Live!!! 修善寺オープンロード

小阪と若杉はメイングループ内でゴール。
完走は40名弱のサバイバルなレースとなった。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
結果速報
最後はずっと前を引いていた西園がそのままトップでゴール。
2位は山本。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
ラスト周回
先頭は東大の西園とブリヂストンの山本。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

19/20
先頭は変わらず2名。
小坂と若杉がいるグループは15番目ほどの位置まで上がってきた。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

18/20
現在、コース上を走っているのは40名ほど。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
先頭の2名。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

西薗が攻撃を継続して普久原も遅れる。
先頭は西園が前を引続けている模様で山本が付いている。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

17/20
西薗のアタックで先頭は山本、普久原、西薗の3名に。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

16/20
先頭は5名。
追走は崩壊して3名に。
サバイバルな状況になっています。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

15/20
先頭5名のラップタイムは約9分ほどとそれほど速くはない。
現状、たくさんのグループがコース上に形成されているが、どれも同じくらいのラップで周っている模様。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
先頭集団では東大の西園が登りでペースを作っている。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

14/20
先頭5名と追走5名との差は1分10秒に開く。
小坂と若杉がいるメインは約4分差のまま。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

13/20
先頭5名と追走6名との差はずっと1分ほど。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
追走の6名。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
先頭の5名。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

12/20
先頭5名。
1分差で追走6名。
3分差で追走15名。
その後ろはバラバラになる。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

11/20
状況は変わらず。
レースは半分を終えたところたが勝負は既に先頭の5名(山本、普久原、伊丹、西薗、越海)に絞られたか?
小坂と若杉のいるメイン集団は3分50秒差。
合宿の疲れがあるとはいえ状態はあまり良くない。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

10/20
先頭は5名。
1分10秒差で追走6名。
2分30秒差で追走8名。
3分40秒差でメイン集団。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

9/20
先頭5名。
1分10秒差で追走6名。
小坂と若杉がいるメイン集団は3分30秒差。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

8/20
先頭は中大の笠原が遅れて5名に。
1分30秒差で追走6名。
先頭から2分45秒差でメイン集団。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

7/20
先頭は変わらず6名。
1分30秒差で7名の追走。
メイン集団は2分20秒差。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
6/20
先頭は6名になる。
アンカー=山本、普久原、伊丹
中大=笠原
東大=西園
日大=越海
後続から追走が出始めている。
小坂&若杉選手のいるメイン集団は2分差。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

5/20
先頭7名とメイン集団は1分30秒差。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

先頭集団訂正。
京産大は木守選手でした。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
4/20
タイム差は1分で先頭は7名。
アンカー=山本、普久原、伊丹
中大=笠原
東大=西園
日大=越海
京産大=丹後

|

Live!!! 修善寺オープンロード

3/20
タイム差は20秒。
天候は晴れで日差しが強い。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

先頭8名には伊丹、普久原、山本(アンカー)の3名が含まれている。
他に西園(東大)や学生シリーズリーダーの笠原(中大)なども入っている。
タイム差は15秒。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

2/20
先頭集団は8名。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
1/20
アンカー勢がペースを上げて早くも数名が抜け出している模様。
若杉選手も反応している。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
まもなくスタートです。
本日は秀峰亭ゴールです。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
スタートラインに並びました。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

Live!!! 修善寺オープンロード
小坂選手&若杉選手が日本CSCに到着しました。
出場選手は大学生が中心ですがブリヂストン勢はエリートも数名もエントリーしている様です。
宇都宮ブリッツェンのアンダー2人には全日本選手権に向けて学生レースのクセを感じとってもらいたいと思います。

|

Live!!! 修善寺オープンロード

◆第12回修善寺オープンロードレース

開催日
5月9日(日)

出場選手
小坂光
若杉厚仁

監督コメント
「学連主催のレースということで参加選手の殆どが大学生(U23)となります。6月に広島で開催されるU23全日本選手権ロード(23歳以下の日本チャンピオンを決める重要なレース)のシュミレーションという意味合いもあり、宇都宮ブリッツェンからは小坂選手と若杉選手の2名(二人ともU23カテゴリー)がエントリー。学生エリート達を相手にどの様な戦いをみせるかに注目したいと思います。」

スケジュール
5月9日(日)
8:00~8:30 受付
11:30 スタート(100km=5kmx20laps)

天気予報(5日現在)
曇時々晴/21-11/30%

レース情報
http://www.remus.dti.ne.jp/~jicf/yoko-100509-RCS02_openroad_shuzenji-0325.pdf

会場(日本サイクルスポーツセンター)

大きな地図で見る

|

« 2010年4月29日 | トップページ | 2010年5月15日 »