« 2010/04/04 | トップページ | 2010/04/17 »

2010/04/11

2010/04/11

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Naganuma
[ラスト2kmで一気に勝負にでる長沼選手]
photo:Hideaki.TAKAGI/www.cyclowired.jp

◆レース速報

Jサイクルツアー第2戦
実業団伊吹山ヒルクライム
(全日本実業団競技連盟主催)

TRカテゴリー 12km
1位平塚吉光(シマノレーシング) 27:55:35
2位長沼隆行(宇都宮ブリッツェン) 27:56:08
3位福島晋一(グムサンジンセンアジア) 28:15:50
4位狩野智也(チームブリジストンアンカー) 28:24:67
5位畑中勇介(シマノレーシング) 28:38:20
6位真鍋和幸(マトリックスパワータグコラテック) 28:41:20

Jサイクルツアー第2戦の「実業団伊吹山ヒルクライム」が岐阜県関ヶ原町にある伊吹山ドライブウェイで開催され、小雨がぱらつくなか、宇都宮ブリッツェンの上りのエース長沼隆行選手が積極的にレースを展開し、9km地点過ぎでは一時2位以下に20秒の差をつけるも、ゴール直前で平塚選手(シマノレーシング)に追いつかれ、0.7秒差の2位と言う結果に終わりました。

コースは岐阜県不破郡関ケ原町伊吹山ドライブウェイ(12km)、TRカテゴリーは出走85名で行われました。

レース序盤は、長沼選手(宇都宮ブリッツェン)、狩野選手(ブリヂストンアンカー)、鈴木譲選手(シマノレーシング)などが積極的にレースを展開、15名ほどの先頭集団を形成します。

7km通過時点では狩野選手(ブリヂストンアンカー)が飛び出すなどの動きが見られますが、9km地点では長沼選手(宇都宮ブリッツェン)がカウンターでアタックを仕掛けて逆に20秒のタイム差を奪います。

そのまま逃げ切りが濃厚かと思われましたが、リーダージャージの畑中選手を待つ為に終始力を温存して走っていた平塚選手(シマノレーシング)にゴール直前で追いつかれ、スプリントの末、0.7秒差の2位という結果となりました。

◆長沼選手コメント
「逃げ切りでの勝ちを狙って行った結果、早めに仕掛けて余力を残さなかったのが今回の敗因となった。しかし、積極的な走りが周囲から認めてもらえているのを感じる。今年に入って2戦、勝ち星には恵まれていないが、それなりに走れているので、これからも優勝を狙って行く走りをしたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

ゴール

1位平塚
2位長沼
3位福島
4位狩野
5位畑中
6位真鍋

長沼ラストでさされ、0,7秒差。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

長沼逃げ切ったか?と未確認情報。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

9km地点

長沼選手が飛び出している模様。

ここから下り区間があるので勝負区間。

タイム差20秒!

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

7km通過

狩野選手が若干飛び出している。

集団は15名ほど。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

長沼、狩野、鈴木譲で集団を形成している模様。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

残念なお知らせ。

実況が全く無い事が判明致しました。

この後、リザルトしかお伝え出来ないかもしれません。

知り得る範囲で状況をお伝え致しますので、御不便をおかけ致しますがよろしくお願いいたします。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

今、スタートしました。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC
スタート5分前。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC
BS清水選手。

昨日のチームメイトも今日はライバル。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

スタート前です。
じきスタートラインに並びます。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC
アップ中。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC
アップ中です。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Live!!! JCT2戦 伊吹山ヒルクライム
おはようございます。

会場は雨。
降水確率も一日を通して高い値です。

|

Live!!! JCT2戦 伊吹山HC

Japantour_logo

◆2010Jサイクルツアー第2戦
全日本実業団伊吹山ヒルクライム

開催日
4月11日(日)

出場選手
柿沼章
中村誠
長沼隆行
小坂光
若杉厚仁

監督コメント
「今週末も2班に分かれてレース及びイベント活動を行います。Jサイクルツアー第2戦となる伊吹山ヒルクライムは勝たなければならないレース。年間総合を考えると、悪くても上位に食い込み、ある程度のポイントを獲得する必要があります。エースをクライマーの長沼選手とし、他の選手は長沼選手のアシストをしつつ、自らも上位でゴールするレースをしなければなりません。また、ツインリンクもてぎで開催される大型イベントのサイクルモードECOクラシックから今年も招待をいただき(大会MC=栗村、ゲストライダー=廣瀬/辻/斉藤)、こちらも自転車の素晴らしさを参加者に皆さんに伝えるべく全力で取り組みます。」

スケジュール
4月11日(日)
8:00~10:00 選手受付(旧関ヶ原メナードランド駐車場)
10:00~ 監督会議
10:30~ 集合・移動
11:16~ TRスタート(12.0km-残雪の為短縮)
13:00~ 表彰式(山頂ステージ-1~6位)
スタート地点=伊吹山ドライブウェイ麓料金所
ゴール地点=伊吹山山頂駐車場

天気予報(5日現在)
曇時々雨/17-10/50%

レース情報
http://www.jbcf.jp/docs/info/guide_ibukiyama2010.pdf

会場(受付/駐車場)

大きな地図で見る

|

« 2010/04/04 | トップページ | 2010/04/17 »