« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018/02/20

オフ!

皆さんこんばんは。

バレンタインにいただいたチョコレートを食べながらオフを満喫している小坂です。
レース会場で直接手渡ししてくださった皆様、事務所に届けてくださった皆様、ありがとうございました。
きっと気兼ねなく食べられるのはチーム内で僕だけです。
ロードチームの皆は開幕が近いですからね。笑
さて、オフといっても、夏場のロード、MTBシーズンに向けての準備があるので、僕に与えられた時間は2週間。
この2週間を有意義なものとすべく、全力で楽しむべく、ほぼ毎日予定を入れ(入れられ?)、フル回転しています。

この1週間の振り返り。

Img_8363_3
まずはミヤラジ!
小森さんと出演し、今シーズンを振り返りながらお話しさせていただきました。
お話ししながら、やっぱり最高のシーズンだったなあとしみじみ思いました。
ミヤラジでは自分の流したい曲を選ばせていただけるのですが、
この日の僕の選曲はSara Bareilles の「Brave」。
聞くと勇気が湧く、元気が出る、そんな曲です。
前回はたしかGreen Dayの「Basket Case」(←洋楽が好きになるきっかけとなった曲)。
僕は洋楽を聴くことが多いです。
今度はどんな曲にしようかな〜

Img_8381_2
うなぎ
大好きなうなぎ
職場の元上司の方に連れていっていただきました。
やっぱり日本で食べるうなぎが一番。
最高でした。

Img_8400_2
レディオベリー MAIチャリ!の収録
こちらも今シーズンを振り返りつつ、感じたことなどを話させていただきました。
オンエアは3月11日9:30〜ですので、是非お聴きください。

Img_8471_3

Img_8425_2

Img_2906_4
そして「山水閣 別邸 回」
今オフ最大のイベント。
ブラーゼン時代から一度は訪れてみたいと思っていた場所でした。
温泉に浸かり、美味しいお酒とお料理をいただき、暖かいラウンジから雪が舞う庭を眺める…
とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。
オフってこういうことだよなあと実感。
こんな充実した1週間でした。


さて、明日2月21日19:00〜またしてもミヤラジに出演します。
こちらはニュースカフェでの公開放送です。
お時間ある方は是非お越しください。
皆沖縄に行ってしまっているので、必然的に出番が増えているわけですが、懲りずに聴いてくださいね。笑
では!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/13

シクロクロス東京&柏原シクロクロス

シーズン最後のレース2レースを終えました。
Img_8340
シクロクロス東京は2位。
序盤こそ悠と競り合えたけど、やっぱり悠の方がサンドコース攻略に関しては一枚上手でした。
中盤から自分自身のミスも重なってじわじわ離されてしまいました。

Img_8342
それでもシーズンを戦ってきてボロボロの身体もしっかり動いてくれて、最後まで踏み続けることができました。
サポーターの皆さんの応援が本当に力になりましたし、チャンピオンジャージを着て最後までレースを楽しむことができました。
応援ありがとうございました。Img_8341


そしてそのまま田村メカ、小森さんに運転してもらい、大阪へ移動。

手厚いサポートに本当に感謝。

今日は今季初開催の柏原シクロクロスに招待いただき、走らせていただきました。
柏原市は、僕がブリッツェンに入る前からヨーロッパ遠征などでお世話になってきた東洋フレームのお膝元ということで、呼んでいただけて嬉しかったです。
ありがとうございました。

天気は強風に雪が舞う極寒。
ある意味シクロクロス日和でした。
レースは序盤から悠と2人になりましたが、ステップをバニーホップで越える悠に徐々に離されてしまう展開。
昨日の疲れもあり、身体も悲鳴をあげていてとにかくキツかったけれど、諦めず踏み続け、終盤になんとか悠に合流。
最後はスプリントになり、勝つことができました。
チャンピオンジャージでの初勝利。
気持ち良かったしやっぱり嬉しかったです。
シーズン最後のレースを最高の形で終えることができました。
Img_8348
最近は関西シクロクロスになかなか参戦できていなかったけれど、高校生の頃から走っていたこともあってか、たくさんの方に応援していただけて嬉しかったです。
思えば高校生の頃の関西シクロクロスでは僕はC2で勝てるかどうか、悠はC1で40分とはいえ当時トップ争いをしていた親父達と対等にレースをしていて、同い年とは思えない差を感じていました。
その後もなかなか追いつけなかったし、全日本に関しては今年まで勝てなかったけれど、今日本のレースを引っ張る存在になり、モチベーションを高く持って走り続けていられているのは悠の存在も大きいなと感じています。
Img_8351
僕らも今年で30歳。
最近になって、この先に向けてできることって何だろう、とか考えるようになってきました。
でも、やれる限り走り続けます。
まだまだこれからだと思って進化し続けたいと思います。

最後に、シーズン通してたくさんの応援ありがとうございました。
全日本のタイトル獲得、JCXシリーズ制覇と最高のシーズンでした。
これからは世界の中での自分の位置というものを意識しながら走りたいと思います。

Photo by Nobumichi Komori/HATTRICK COMPANY

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/08

帰国しました

世界選手権のレース終了後、翌日の便でヨーロッパを出発し、火曜日の夜には帰宅。



水曜日から仕事にも復帰して、日常に戻りました。




世界選手権の振り返り。


ルクフェンのUCIレース、ワールドカップの2連戦の疲れを2日かけて回復し、水曜日に追い込み、木曜日から世界選手権の試走という流れで、リラックスしてレース当日を迎えた。


レースが近づくにつれてコースのコンディションは荒れていき、レース直前の試走でかなりランニング区間が増えることが予想された。


スタートは6列目から。今年は国内のUCIレースも増え、UCIランキングも69位(おそらく自身過去最高位)まで上げて臨んだが、後ろから2列目。


スタート直後、アップダウンで埋もれてしまい、後方に下がってしまった。


そこから追い上げるべく前だけを見て追っていくが、かなり深い泥に、担ぎでの長いランニングと、どんどんパワーが吸い取られる。


ワールドカップなどで同じ位置を走っていた選手や、ターゲットにしていた選手からも徐々に離されていく。


調子が悪いわけではないのに、コースがとにかくハードで、脚も心肺もとにかくキツい。


1周目が終わった時に電光掲示板の+2分40秒と見えた瞬間、正直完走はかなり厳しいと感じた。


ペース配分など考えずにとにかく少しでも長く走るために攻める。


大きなミスなどはないけれど、とにかくコースを走るだけで精一杯。

結局3周目を終えたところ、約40分でレースを降ろされた。

共に走った悠も同じタイミングで降ろされていた。

レース中は苦しくて40分がとても長く感じたが、降ろされた瞬間、本当にあっけなく、あっという間に終わってしまったように感じた。

突きつけられた現実にショックを受けてしばらく何も考えられなかった。

悠と2人きりのチームボックスでため息をつきながら少し話をして、メカニックたちにお礼を言ってホテルに戻った。




昨年以上に世界とは差が広がってしまっていました。
レース後も書いたけれど、日本のチャンピオンとして臨んだのに、悔しいし、恥ずかしいです。

これだけ差があって果たして走る意味があるのかという声もありますが、僕は意味があることだと思っています。
誰かが挑戦しなければ、日本の選手は世界との距離や世界のレベルを知ることすらできないし、そこへの向かい方、努力の仕方も分からないでしょう。
ベルギー、オランダで走ることが一番の近道であることは分かっていますし、先輩や悠が切り開いてくれた道があるので、それは可能だと思います。
ただ、それができなくても結果を残せている国も中にはあります。
なので、国内から世界レベルの選手が育つように色々考えていかないといけないんじゃないかなとも思います。
長くなってしまいそうなので、その話はまた…


ちょっと話が変わってしまいましたが、何より僕はシクロクロスのが大好きなので、やれる限り挑戦し続けるつもりです。

さて、
明日はシクロクロス東京
明後日は柏原シクロクロス

シーズン最後の2レースも全力で頑張ります!
応援よろしくお願いします!
では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/05

世界選手権

世界選手権
結果は-4Lapで53位でした。
これが現実。
日本のチャンピオンとして臨んだのにこんな結果では悔しいし恥ずかしいけれど、これからも挑戦は続けます。
応援ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/02/04

世界選手権

明日はいよいよ世界選手権です。

世界との差は大きいけれど、挑戦するためにこの頂点の舞台に来ました。
ベストを尽くしてきます。
Img_8293
Photo by So Isobe

日本時間2月4日23時スタートです。
下記リンク先から観ることができますので是非ご覧ください。
日本からの応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/02

遠征9日目

今日から世界選手権のコース試走が始まりました。

試走は午後からだったので午前中は散歩がてらコースまで歩いて行きました。
ファルケンブルフの街並みは古い建物や城跡など、歴史を感じる場所が多くありました。
Img_8279_7


そして雨が降ったり止んだりを繰り返す天気の中、コースを試走。
予想通りのコンディションだったので、下りのライン取りを重点的に確認しながら2時間弱走ってきました。
泥で重かったので結構ハードでした。
コースはこんな感じ↓
試走の後はゆっくりとヘルシーなご飯を食べて、マッサージを受けて、明日に備えて回復回復。

明日もコースに入ります。
では、お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/01

遠征7日目&8日目

昨日は午前中に皆で2時間のサイクリング。
こちらに来てから一番気温は低かったですが、晴れて気持ちの良い一日でした。
いつものルートにもちょっと飽きてきたけど、翌日には移動してしまうので開拓はまた来年にお預け。


お昼は外のレストランへ。
気になるメニューがあったのでグーグル翻訳してみると、なんと「うなぎ」。
うなぎ大好きな僕としては絶対に外せないと思い、迷わずチョイス。
で、出てきたのがこれ。

うなぎの香草煮というベルギー料理だそうです。
グリーンハーブと書いてあったので色は予想通りだったものの、ぶつ切りで出てきたのにはびっくり。
骨を取りつつ食べましたが、味はたしかにうなぎ。
ソースは香草が強めで体に良さそうな味。
柔らかくて美味しい。
美味しいけど…
美味しいけど、僕は日本のうなぎが好きです。笑

この日はレンの誕生日だったので、夕飯の後みんなでサプライズ誕生会。
初めてのヨーロッパ遠征に加え、週末のワールドカップではスタート直後にクラッシュして1周しか走れなかったこともあって凹んでましたが、喜んでくれて良かった。



そして今日は午前中トレーニング&午後ファルケンブルフへの移動日。
雨でしたが、今日は追い込んでおきたかったので、一人外に出て森の中でトレーニング。
オランダは森の中に縦横無尽にシングルトラック(人1人が通れる幅の遊歩道のような道)があって、散歩やサイクリング、乗馬などでたくさんの人が利用しています。
また、こちらのシクロクロスライダーもトレーニングで使ったりします。
そんな森がホテルから自走で5分の場所にあるので、とても便利。
泥々になりながら2時間弱走ってきました。
雨なのに傘もささずに散歩してる人やランニングしてる人がちょこちょこいました。
こちらの人は少しの雨くらいでは傘は使わないみたいです。

そして午後は世界選手権が開催される街、ファルケンブルフに向けて移動。
車で2時間弱なので今回は移動の負担が少なめ。
着いてから1時間ローラーで汗をかいておきました。

ホテルはレース会場が見えるくらい近い場所にありますが、会場に行くにはカウベルグを上らないといけないらしいです。
いよいよ明日からコース試走が始まります。
アップダウンの激しいレイアウトに雨の影響でマッドコンディション間違いなしなので、集中して走ってきます。
では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ