2017/12/05

UCI-2宇都宮シクロクロス

Img_7861_2

Photo by Nobumichi Komori/HATTRICK COMPANY

なんとしても表彰台に上りたかったレースでしたが、4位でした。

会場では、たくさんの応援ありがとうございました。

また、関係者の皆様、素晴らしいレースを開催してくださりありがとうございました。

詳細なレース展開はライブレポート にアップしていただいていますので、そちらも是非ご覧ください。
レースはスムーズにスタートしたものの、コース奥の泥のキャンバーセクションで若干もたつき4位パックでアンソニー選手と前を追う展開となりました。
アンソニー選手は中国のUCI-1クラスのレースでヨーロッパの強豪選手と競り合って入賞していた選手。
その時はまさか同じ位置で走れると思えなかったし、野辺山でも離されていたので、どこまで一緒に行けるか不安もあったけれど、さすがに遠征の疲れもあったのか僕と同じ位置で協調して走ってくれました。
前を牽く割合も彼のほうが長めで、僕は少し休みつつ、という感じ。
そうこうしているうちに公平に追いつき、3人のパックに。
前のクリス選手とはかなりの距離があったので、現実的な目標として、3位争いを制して表彰台に上ることだけを考えることにしました。
と言ってもそれまでの追走で脚を使っていたし、コースもパワーを求められる区間が多かったので、アタックする余裕はなく、
①コーナーワークで少しでもアドバンテージを稼いで脚を溜める
②二人を観察して仕掛けるべきポイントを見つける
ことに集中しました。
今考えると思い切ってアタックすべきだったかなとも思いますが…。
周回を重ねる中で、泥のキャンバーの後処理で僕にアドバンテージがあるように感じたので、そこで仕掛ける事を念頭に最終周回に入りました。
しかし最初の3段坂を乗車しきれず、公平に先行、アタックされてしまう。
一気に差が広がってしまったが、キャンバーで差を詰め、その後のシケインで追いつき、最後の勝負へ。
体力的にもギリギリだったので、スプリントまでに少しでも差を作ろうと先行してコーナーを攻めたところまでは良かったのですが、最後にもがく脚が無かったです…。
もうふた踏みくらいできていればというところで表彰台を逃しました。
出し切ったのでレース直後はしばらく立ち上がることができませんでした。
走り自体は悪くなかったと思いますが、とにかく結果を残したかったので、ただただ悔しかったです。
ここぞという大事なレースで結果を残せない自分が嫌になりますが、今週末の全日本選手権ではそんな自分を変えたいと思います。変えてみせます。

|

コメント

お疲れさまでした。
非常に悔しいレースでしたが、全日本はきっと行けますよ👍先日の野辺山の初日の驚異的な追い上げは素晴らしかったですし、なんせ滝沢牧場は昨年は初日に優勝してますから、相性は良いですよ😉なんせ地元ですもんね😄
先日はほとんどドライに近いコースコンディションでしたが、今週末はやっぱり去年のような泥ですかねぇ😅
とにかく熱い走りを期待してます👊
今週末も応援に行きます❗

投稿: ひこにゃん | 2017/12/06 01:34

全日本選手権で光さんは優勝します😉👍✨
そして祝杯はYONA YONAエールで😁✋

投稿: いがさん | 2017/12/06 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552836/66122768

この記事へのトラックバック一覧です: UCI-2宇都宮シクロクロス: