2016/12/31

オランダ遠征③

Img_4501
Norgのレースの後、1日挟んでVordenとLoenhoutの連戦でした。

ということでレースの振り返り。

まずはVorden。
Norgよりも有力選手が多かったので、よりハイレベルなレースになることが予想されたが、ステイ先のヒュープ夫妻も応援に来てくれたので、良い走りをしたいと思っていた。
コースは主に森の中とそれを貫く舗装路を使ったアップダウンの少ないハイスピードコース。少しでもラインを外すと路面が重く、一気にスピードダウンしてしまう。終始パックで走りつつ、前走者のラインをしっかりトレースできないと話にならない。

今回もUCIポイントを持っていたため最前列スタート。
しっかり決めて4番手でコースイン。
しかしすぐにコーナーで被せられて7番手あたりまで下がる。
こちらのレースでは、見慣れない日本人に前を走られたくないということもあると思うが、隙を見せるとすぐに割り込まれるので、ポジションの確保にも気が抜けない。

順位をキープしたまま2周目に入り、冷静に走れていたのでかなり良い感じだと思っていた矢先、前走者が丸太越えのバニーホップに失敗し、そこに自分も思い切り突っ込んで落車。
すぐに立ち上がって次のパックに入るが、リズムを失い、それまでスムーズに走れていたラインを何度か外してしまって後方へ沈む。
なんとか粘り、ピットの池本さんや松井さん、ヒュープさんの応援を受けて2周ほど走った頃には冷静になって自分のリズムを取り戻すことができた。
中盤からしばらく12位争いの4人のパックで進む。
ペースは速く、自分の限界に近いものの、落ち着いて走れている自分に少しずつ自身が湧いてくる。
そしてラスト3周のホームストレートを抜け、テクニカルなコーナーの手前で自分からアタック。
コーナーをそれまでで一番のスピードでクリアし、引き離しにかかる。
終盤に入ると皆がキツいので、折り返しのコーナーで後ろもバラけているのが見えた。
その中から1人だけ追い上げてきていたので、ラスト2周に入ってからは全開。
ペースを上げたため、前から落ちてきた選手も1人見えてきた。
間に挟まれる形だが、とにかく前だけを見て追いつくことだけを考えて走る。
10m程の差で最後のホームストレートに入り、もがいたが結局追いつけず。
12位でフィニッシュした。

限界まで追い込んでいたので、池本さんに支えてもらわないと立っていられなかった。
こんなに追い込んだレースができたのはこれまでで初めてかもしれない。
レース後、皆に良い走りだったと言ってもらえてとても嬉しかった。

ナショナルレースで得られる経験は本当に多い。
レースの規模は日本のそれと変わらないけれど、コースの難しさも選手の貪欲さも全然違う。
その辺はまた改めて書けたらなと思う。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552836/64696054

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ遠征③: