2016/09/04

山口からの北海道

宇都宮に帰ってきました。
やっぱり落ち着きますね。


山口遠征からのツール・ド・北海道。
終わってみればどちらも勝利というこれ以上のない結果で終わりました。
山口のクリテリウム予選の落車で始まり、正直自分の中で不安があって。


北海道入りして、1日目の増田さんの大勝利。
もちろん次の日のスタート前、皆が緊張で固まっていました。
ただその中でも「5人でできることは限られているし、落ち着いてできることをやろう」
エースの言葉に少しだけ肩の力を抜きながらレースを進められることはできました。

ラストの支笏湖の登り。
離れていく集団を揺らぐ視界の中で、祈ることしかできませんでした。
そしてゴールにいたブリッツェン応援団の歓声に勝利を確信。
何とも言えない思いですね。もう感無量。

忘れられない経験させてもらいました。

|

コメント

お疲れ様でした。師匠も師・師匠も堀選手の頑張りを讃えてましたよ。
チーム一丸となって守り通したリーダージャージ。感激です!
この経験を糧として、堀選手がさらなる成長を遂げることを期待しています。

投稿: あばぁば | 2016/09/04 23:21

何回も怪我してもめげずに強くなってるのを見てきました。素晴らしいアシストだったと思います。

投稿: たろ | 2016/09/04 19:25

過酷なアシストご苦労様でした。素晴らしい結果で アシスト冥利に尽きたことでしょう。

いつか堀君が エースとなって ツールド北海道を制することを 楽しみにしています。

投稿: せろーG | 2016/09/04 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口からの北海道: