2019/06/12

2019 JPT Round5 第8戦 やいた片岡ロードレース

19jpt8_top01_1
19jpt8_top02
[上:終盤にできた7名の逃げ集団に入ってレースを展開する岡選手]
[下:ブリヂストンサイクリングの今村選手と窪木選手が今シーズン2度目のワンツーフィニッシュ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
6月9日(日)に、2019年のJプロツアー第8戦となる「JBCFやいた片岡ロードレース」が開催されました。
 
 
 
 
 
◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら
 
 
 
 
 
このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の7名がエントリー。
 
鈴木譲
阿部嵩之
小坂光
鈴木龍
堀孝明
小野寺玲
岡篤志
 
 
 
 
 
2019年のJプロツアー第8戦となる「JBCFやいた片岡ロードレース」が栃木県矢板市の石関周辺に設定された1周10.7kmの公道特設周回コースで開催され、終盤に形成された7名の先頭集団から残り500mで飛び出したチームブリヂストンサイクリングの今村駿介が優勝。今シーズンJプロツアー2勝目を飾りました。
 
宇都宮ブリッツェンは序盤から各選手が先手を打ってレースを進めていき、終盤にできた7名の先頭集団に岡選手が入って勝利を狙いましたが、わずかに届かず4位でレースを終えました。
 
 
 
 
 
前日の那須塩原クリテリウムに続き、Jプロツアー栃木ラウンドの2日目として開催された今回の第8戦。
 
那須塩原クリテリウムではチームで想定した通りの展開に持ち込んだものの、最後のゴールスプリントでわずかに及ばず鈴木龍選手が2位となった宇都宮ブリッツェンは、好調の岡選手と鈴木龍選手を勝負の軸にすえながらも明確なレースプランは決めず、各選手が常に先手を打ってレースを進めていくことで勝機を手繰り寄せるレースを目指してスタートラインに並びました。
 
 
レースはスタートから、各チームが積極的にアタックを繰り出すアタック合戦の様相に。宇都宮ブリッツェンも各選手が積極的にアタック&チェックを繰り返してレースを進めていきます。
 
すると、3周回目のコリーナ矢板の区間で6名の選手が集団から先行する展開に。宇都宮ブリッツェンは鈴木譲選手と鈴木龍選手が入ります。
 
鈴木譲、鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)
トリビオ(マトリックス)
木村(シマノ)
孫崎(BSサイクリング)
津田(日本ナショナル)
メイン集団
 
一方のメイン集団は、逃げ集団に選手を送り込めなかった那須ブラーゼンがホームチームとして見せ場を作ろうと先頭に立ってペースアップを開始。5周回目に逃げ集団を吸収してレースは振り出しに戻ります。
 
振り出しに戻った集団では、コリーナ矢板の上り区間に入るとマンセボ選手(マトリックス)が攻撃を仕掛けますが、これは阿部選手(宇都宮ブリッツェン)がつなぎますが、県道区間に入ると今度は中井選手(シマノ)と近谷選手(BSサイクリング)が先行。しかし、この逃げも集団が吸収して残り2周回となる7周回目へと入ります。
 
すると、コリーナ矢板の上り区間での攻撃を経て、今度は7名の選手が先行する展開に。宇都宮ブリッツェンは岡選手が入ります。
 
岡(宇都宮ブリッツェン)
トリビオ、オールイス(マトリックス)
窪木、今村(BSサイクリング)
横山(シマノ)
渡辺(日本ナショナル)
メイン集団
 
先頭集団の7名はメイン集団から40秒ほどのリードを奪って最終周回へ。ランキング上位のチームが入っているため後方のメイン集団を引く必要がある脚を残したチームもなく、この7名に勝負が絞られることになります。
 
そうなると先頭の7名の中でも勝利に向けて攻撃を仕掛け合う展開となりますが、2名そろうマトリックスパワータグとブリヂストンサイクリングが有利な状況。単騎と数的不利の岡選手(宇都宮ブリッツェン)は状況を見極めながらの対応を余儀なくされます。
 
何度も攻撃がかかったものの決定的な抜け出しは生まれず、勝負は小集団でのゴールスプリントに持ち込まれるかと思われました。
 
しかし、残り500mを切ったところで、スプリントになればチームメートの窪木選手(BSサイクリング)に勝利を託せる今村選手(BSサイクリング)が渾身のアタックで先行。第5戦宇都宮ロードレースと同じような展開でそのまま優勝を飾りました。また、2位には後続のスプリントを制した窪木(BSサイクリング)が入り、ブリヂストンサイクリングがワンツーフィニッシュを達成しました。
 
宇都宮ブリッツェンは、最終局面に挑んだ岡選手が単騎だったこともあって今村選手の飛び出しに対応することができず。後続のゴールスプリントで先行してフィニッシュを目指しましたが窪木選手とオールイス選手に差されてしまい、4位でレースを終えました。
 
 
清水監督コメント
「今日は調子の良い岡選手を軸にレースを組み立てていこうということで、各選手ともに先手を打ちながらレースを進めていきました。しかし、最終局面で岡選手が単騎の状況になってしまい、それが結果に響いてしまったかなという印象です。5月から6月頭にかけてのUCIレースの連戦では個人総合の成績を守るためにガチガチのレースをする必要があったので、今回の2連戦は比較的フリーに、各選手が動きたいようにレースを進めることにしました。地元レースということで当然勝利を狙ってはいましたし、勝利を挙げられなかったことは悔しいのですが、今月末に控える全日本選手権に向けては各選手ともにコンディションを上げることはできたので、意味のある2連戦になったと感じています。結果には一歩届かずファン・サポーターの皆さんには申し訳ありませんでしたが、全日本選手権に向けてもう一段階チームの状態を上げていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。2日間、天候が不安定な中、暑い応援ありがとうございました!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
Logo
シクロワイアードの記事は[こちら
 
 
 
 
 
◆[リザルト
[第3回JBCFやいた片岡ロードレース - JPT第8戦 - 85.6km - ]
1位 今村駿介 (チームブリヂストンサイクリング) 1h58m30s
2位 窪木一茂 (チームブリヂストンサイクリング) st
3位 オールイスアルベルト・アウラール (マトリックスパワータグ) st
4位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) st
5位 横山航太 (シマノレーシング) +01s
6位 ホセビセンテ・トリビオ (マトリックスパワータグ) +03s
7位 渡辺歩 (日本ナショナルチーム) +04s
8位 中井唯晶 (シマノレーシング) +45s
9位 フランシスコ・マンセボ (マトリックスパワータグ) +46s
10位 近谷涼 (チームブリヂストンサイクリング) +46s
15位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) +1m02s
18位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) +1m02s
30位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +1m11s
DNF 阿部嵩之 (宇都宮ブリッツェン)
DNF 小坂光 (宇都宮ブリッツェン)
DNF 堀孝明 (宇都宮ブリッツェン)
出走=103名/完走=39名
 
◆2019Jプロツアー 個人ランキング
1位 オールイスアルベルト・アウラール (マトリックスパワータグ) 2,116P
2位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 2,088P
3位 今村駿介 (チームブリヂストンサイクリング) 1,935P
4位 横山航太 (シマノレーシング) 1,770P
5位 小野寺玲 (宇都宮ブリッツェン) 1,366P
6位 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン) 1,292P
 
◆2019Jプロツアー チームランキング
1位 チームブリヂストンサイクリング 6,508P
2位 マトリックスパワータグ 5,747P
3位 シマノレーシング 5,401P
4位 宇都宮ブリッツェン 5,298P
5位 Team UKYO 1,967P
6位 弱虫ペダルサイクリングチーム 1,631P
 
プロリーダージャージ オールイスアルベルト・アウラール (マトリックスパワータグ)
ネクストリーダージャージ  今村駿介 (チームブリヂストンサイクリング)
 
 
 
 
 
19jpt8_01
[前日のリベンジを期し、念入りにウォーミングアップをする選手たちを清水監督が見守る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_02
[予報よりも早く降り出した雨を、ルコックスポルティフのレインウェアが弾く]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_03
[レースの結果とともに、岡選手がプロリーダージャージを守れるかにも注目が集まる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_04
[しっかりとした雨が降る中、レースがスタートする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_05
[序盤のアタック合戦に鈴木譲選手が積極的に参加していく]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_06
[序盤の動きを任される小坂選手も集団前方でアタック&チェックを見せる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_07
[鈴木譲選手と鈴木龍選手の2名を含む逃げ集団が形成される]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_08
[残る選手は那須ブラーゼンがコントロールする集団内で次の展開に備える]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_09
[宇都宮ブリッツェンにとっては有利な逃げ集団が逃げ続ける]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_10
[メイン集団内でチームでまとまり、次の展開に備える展開が続く]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_11
[本調子ではないながら粘りの走りを見せる堀選手もメイン集団内をキープ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_12
[逃げ集団が吸収された後も積極的に攻撃を仕掛けていく鈴木龍選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_13
[序盤の動きを担当した阿部選手と小坂選手がメイン集団から遅れる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_14
[7名の先頭集団に岡選手が入るも単騎。数的不利の状況でどう戦うかが重要になる]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_15
[なんとか上手く立ち回ったものの、岡選手は4位と表彰台には届かず]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_16
[メイン集団でスプリントしながらフィニッシュする鈴木龍選手と小野寺選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_17
[序盤から積極的な動きを続けた鈴木譲選手がメイン集団後方でフィニッシュする]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
19jpt8_18
[2日間ともに勝利は逃したが、ファン・サポーターの支えがある限りチームは前進を続ける]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

«2019 JPT Round5 第7戦 那須塩原クリテリウム