2019/04/10

第44回チャレンジサイクルロードレース大会

Crr_top01
Crr_top02
[上:残り1周回を独走した岡選手がチーム今シーズン初勝利をもたらした!]
[下:昨シーズンに続き、岡選手がチーム1勝目。このまま勝利を重ねていきたいところだ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
4月7日(日)に、「第44回チャレンジサイクルロードレース大会」が開催されました。
 
 
 
 
 
◆大会WEBサイトは[こちら
◆Live!!!ブログレポートは[こちら
 
 
 
 
 
このレースに、宇都宮ブリッツェンから以下の3名がエントリー。
 
鈴木譲
鈴木龍
岡篤志
 
 
 
 
 
国内レースシーズンの本格到来を告げる「第44回チャレンジサイクルロードレース」が、厳しいアップダウンで知られる日本サイクルスポーツセンター5kmサーキットで開催され、男子最高峰のA-Eカテゴリーで宇都宮ブリッツェンの岡篤志選手が終盤から独走して優勝を飾りました!
 
 
国内シーズンの本格到来を告げるレースとして知られると同時に、その長い歴史の中で数々の名勝負が繰り広げられてきたチャンレンジサイクルロードレース。30位以内の選手には全日本選手権への出場資格が与えられることもあって、何とか出場資格をものにしたいクラブチーム系の選手が多くを占める中、シマノレーシングやチームブリヂストンサイクリング、愛三工業レーシングなどのUCIコンチネンタルチーム勢も出場。選手層も厚みがある状態での開催となりました。
 
そんな中、宇都宮ブリッツェンは同レースに鈴木譲・鈴木龍・岡の3選手がエントリー。少人数ということもあり明確なチームプランは立てず、各選手が自身の勝ちパターンに持ち込むレース運びをして勝利を目指します。
 
レースはスタートから激しいアタック合戦が繰り広げられる展開に。宇都宮ブリッツェンも各選手が集団前方でアタック&チェックを繰り返しながらレースを進めていく展開になります。
 
激しいアタック合戦が続いた影響もあり、周回を重ねるごとに集団の人数はブラッシュアップされ、先頭集団は30名前後にまで絞られる状況。宇都宮ブリッツェンは3選手がしっかりその中に入ってレースを進めていきます。
 
レースも折り返しを迎える頃になると、前日に山梨県甲府市で開催された信玄公ロードレースで単独落車した選手に刈り取られる形で落車した鈴木龍選手(宇都宮ブリッツェン)が、その影響からか膝に痛みを感じるとのことで大事をとってレースを降りる事態に。宇都宮ブリッツェンは残る2名で勝負に挑まなければならない状況になります。
 
その後、レースは鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)と岡選手(宇都宮ブリッツェン)の2名を含む18名の先頭集団と、それを追う20名ほどの追走集団という展開に。
 
途中3名の選手が先頭集団にブリッジをかけようと追走集団から飛び出した以外レースの大勢は変わらず、残り周回を減らしていく状況が続きます。
 
すると、レースも残り3周回という段階で、先頭集団で米谷選手(LEOMO Bellmare)がペースアップ。この動きで先頭集団がふたつに割れ、前方は岡選手(宇都宮ブリッツェン)を含む4名の選手に絞られて残り2周回を迎えることになります。
 
岡(宇都宮ブリッツェン)
木村(シマノレーシング)
前田(弱虫ペダルサイクリングチーム)
米谷(LEOMO Bellmare)
才田(LEOMO Bellmare)
森本(イナーメ信濃山形)
鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)含む集団
 
4名の先頭集団は協調して最終局面まで向かうかと思われましたが、下り区間を自分のペースで下っていた岡選手(宇都宮ブリッツェン)が期せずして単独で先行する形となり、岡選手(宇都宮ブリッツェン)はここで覚悟を決めて独走勝利を狙う判断を下して先行することになります。
 
結局、最後まで後続を寄せ付けることなく走り切った岡選手(宇都宮ブリッツェン)は独走で優勝。2016年の堀選手に続き、歴史あるレースの勝者にその名を刻みました。
 
 
清水監督コメント
「今日のレースは各選手が持ち味を発揮して走ってもらえればと思っていましたので、自由に走ってもらいました。その中で、鈴木龍選手はコンディションは良さそうだったのですが途中で膝の痛みを訴えたので大事をとってレースを降りました。鈴木譲選手は序盤から積極的にレースを展開してくれて、次のレースにしっかりとつながるようなレースをしてくれました。岡選手もコンディションが悪いと言いながらもレースの中でしっかりと修正しながら整えて勝つというのは初めてのことだと思うので、ひとつ良い経験になったのではないかと感じています。何はともあれ今日の岡選手の勝利がチームとして今季1勝目になりましたし、昨年に引き続き中心となって今後も頑張ってくれることを期待しています。今日も静岡県まで応援に駆けつけてくださった皆さん、また、勝利を待っていてくださった皆さん、ありがとうございました!次のレースも勝利を目指して頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!」
 
岡選手コメント
「今日のレース、チームプランとしてはフリーで自由に走って良いということだったのですが、個人的にはコンディションに自信がなかったこともあって前半からガンガンいくというよりは、うまく走って脚を溜めて結果を得るということにフォーカスしてレースに臨みました。序盤に集団が割れてしまった時は脚を使って追いつきましたが、その後は脚を溜めることを意識しながら走っていました。イナーメ信濃山形の選手が積極的に先頭を引いてレースを作ってくれたので逃げ切りが濃厚になり、残り3周回に入る手前でアタックがかかって僕を含む6名が先行する形になりました。その後、そこから2名がドロップして僕と木村選手、前田選手、米谷選手の4名になって、脚のあるメンバーなのでこれで決まるな、と。幸いそこまで脚を溜めることができていたので余裕もある中で、最終周回に入る前の下りを先頭で下っていたら後ろが離れてしまったので、そのまま行くことにして結果的に勝つことができました。Jプロツアーではいい走りができなかったので、まずは1勝を挙げることができてホッとしています。この後も広島からJプロツアーが再開して、またレベルの高い戦いになると思います。今度はしっかりと走れるように、きっちりリベンジできるように頑張りますので応援よろしくお願いします!」
 
Text:Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
 
 
 
 
 
Logo
シクロワイアードの記事は[こちら
 
 
 
 
 
◆リザルト
[第44回チャレンジサイクルロードレース大会 - A-E - 69.0km - ]
1位 岡篤志 (宇都宮ブリッツェン) 1h51m29s  37.13km/h
2位 木村圭佑 (シマノレーシング) +30s
3位 前田公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム) +31s
4位 米谷隆志 (LEOMO Bellmare Racing Team) +34s
5位 才田直人 (LEOMO Bellmare Racing Team) +1m20s
6位 森本誠 (イナーメ信濃山形) +1m34s
7位 住吉宏太 (愛三工業レーシングチーム) +1m56s
8位 平塚佑亮 (群馬グリフィン) +1m57s
9位 エンリック・ルバース (Yamanakako Cyclisme Formation) +1m57s
10位 河田恭司郎 (イナーメ信濃山形) +2m02s
12位 鈴木譲 (宇都宮ブリッツェン) +2m06s
DNF 鈴木龍 (宇都宮ブリッツェン)
出走=103名/完走=38名
 
 
 
 
 
Crr_01
[レース前日、鈴木龍選手と岡選手が信玄公ロードレースに参加。岡選手がステージで抱負を語る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_02
[JR甲府駅前の大観衆の中、魅せる走りで観衆を沸かせた鈴木龍選手と岡選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_03
[快晴に恵まれたレース当日、鈴木譲選手も含めた3選手が会場に到着する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_04
[いつも通りの落ち着いた表情でスタートを待つ鈴木譲選手]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_05
[前日に巻き込まれた落車の影響はないという鈴木龍選手もスタートラインに整列する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_06
[少し心身のバランスを崩している印象の岡選手もスタートの瞬間を待つ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_07
[東京五輪に向けて改修が進むメインスタンドを背に選手たちがスタートを切る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_08
[序盤のアタック合戦に鈴木龍選手が積極的に絡むも、前日の落車の影響は隠せずDNF]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_09
[危険な逃げに反応して岡選手がブリッジをかける]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_10
[鈴木譲選手も戦況を見ながら集団前方を位置取る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_11
[4名の先頭集団にしっかりと入って岡選手がレースを進める]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_12
[鈴木譲選手も後方集団で次の動きに対応できるように走る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_13
[図らずも独走態勢となった岡選手が最終周回に入る]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_14
[残り1周回をきっちり逃げ切った岡選手が単独でフィニッシュに姿を現す]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_15
[序盤から積極的にレースを動かし続けた鈴木譲選手も好調を感じさせてフィニッシュ]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY
Crr_16
[勝利した岡選手を清水監督と鈴木譲選手が祝福する]
©︎Nobumichi KOMORI/HATTRICK COMPANY

|

«ツール・ド・とちぎ 2019 第3ステージ